多様性

ネパールのベストカジノ

カジノナイトパーティーネパールスロット – 25067

Millionaire's Club and Casino

resocasi さんのツイート。 コメント( 4)。 数年前にオーストラリア・パースのカジノレポートを投稿した、三木台風こと、(現)ウメポンです。今回はマイナー中のマイナー、インド・ゴア州のカジノクルーズ船をレポートします。すべて2005年3月現在の情報になります。  前回ゴアに来たのは2003年。ビザの問題があってゴア州州都パナジを歩いていたら、「CASINO」の看板が。ネパールにカジノがあるのは前から知ってたし実際行ったんだけど、まさかインドにカジノがあるとは夢にも思ってなかったんでびっくりした。そもそもネパールのカジノが、カジノが許可されていないインドのギャンブル好きが大挙して集まるところというイメージがあったから、余計だ。インドにあるならそれでいいじゃん、みたいな。  帰国してからいろいろ調べたら、どうやらインド全体としては、ギャンブル禁止は大原則らしい。だがゴアは最近まで(ってのは言い過ぎか……)ポルトガルの植民地で、インド全体ではカトリック信者率が高く、経済も豊かで、インドらしくない要素にあふれてる州だ。インドはアメリカなどと同様地方政府の権限が日本よりはるかに強く、その辺の絡みでゴアだけが国全体で唯一、リアルなテーブルゲームをプレイできるカジノを持つ事が出来たらしい。  と言っても陸上では無理で、クルーズ船が出航している間のみという条件付き。こういうのって他の、同様にギャンブルに厳しい国でよく見られる形態のようですな。日本でも考えられているはず。  僕はかつて「カジノで稼いでずっと旅を続けるんだ! ゴアのリゾート面についてあまり書いてなかったので補足します。  ゴアはアラビア海に面する細長い州で、多数のビーチリゾートを抱えています。カジノ船が出るのは州都パナジですが、ここ自体はあくまでも行政の中心。かつての中心地オールドゴアや、ビーチとは少し離れています。  欧米人に人気、かつリゾート感溢れるビーチは多々ありますが、バガビーチ以南、特にカラングートビーチが中心地かな。毎週土曜のナイトマーケットも人気で、欧米のおじいちゃんおばあちゃんたち、家族連れを多数見かけます。  かたや、かつてのヒッピー文化の香り漂うのがアンジュナビーチ以北のエリア。パラグライダーやバンジージャンプも楽しめます。  ドイツを筆頭にシーズン(11月~3月ぐらい。日本の夏の時期はモンスーンで大変なことになり、まったくリゾートに適していません)には直行便が出るくらいですが、日本では無名に近いゴア。カジノ中心に考えるとあまりぱっとしてないかもしれませんが、普通にイメージするインドのハードさがあまりなく、それでいてインドらしさもあって、ヨーロッパ(旧宗主国ポルトガル)の香りも漂うゴア。安くのんびりするにはいいところですよ。 HOME レポート 掲示板 オフ会 プログラム イベント リゾカジの歩き方 特集・コラム 初心者のためのカジノ Facebook。 resocasi さんのツイート resocasi からのツイート。

リゾカジ カジノレポート

ホテル自体はアンナプルナに泊まっていましたが、カジノアンナは解体されてしまっていたため、近くのイエティのカジノまで行きました。 カトマンズでは他にシャングリラのカジノしか知りませんが、そこよりも大きく。 ターメルに宿泊の際に見学がてら利用しました。ターメルから徒歩で20分位です。基本、信号がないので夜に幹線道路を徒歩で横断するのは中々勇気がいります。 温泉旅館のゲームコーナーをカジノにした感じです。電子化は全く進んでません。中国人のツアー客(おばちゃんとかの集団でテーブルを占拠)やインド人が多かったです。インドルピーをコインに変えましたが、結局無料のご飯とビールを食しただけでカジノは実施せずでした。 無料の送迎があるとネットで読んだのですが、オーダーの仕方がわからず、結局帰りはターメルまでタクシー使いました。 ターメルをはじめとし21時には大概のお店が閉店するので、暇なら行ってみる価値ありってところです。 ホテル自体はアンナプルナに泊まっていましたが、カジノアンナは解体されてしまっていたため、近くのイエティのカジノまで行きました。 カトマンズでは他にシャングリラのカジノしか知りませんが、そこよりも大きく活気があり、ショーもあってなかなか楽しい場所です。 ショーはインド圏らしくダンサーたちはあまり合っていなくダラっとした感じがありますが、まぁご愛嬌。ゲームをしていればビールやジュースは普通にタダで飲めます。そして、中国人の小さい子供たちがはしゃぎまわっていました。ここもインド仕様? ネパールは、10インドルピー 米ドルもok?)=1クレジットが基本のようで、換金時はネパールルピーで返してくれるので注意が必要です。ビデオルーレットが好きでここでももくもくとやっていましたが、ヨーロピアンスタイルのゼロ一つタイプですので勝ちやすいです。 ネパールでカジノを楽しむ場合、お勧めだと思います。 あいかわらずタダ飯が食えました。 今回はそんなにはまらず、何回かプレイしたのですがトータル30ドル負けだけで やめまして、良かったです。 ご飯も昔と変わらず、バイキング形式でピラフみたいなのと白飯とカレーやあと、カリフラワーのおかずと チキンのカレーやアイスはなかったのですが、お腹一杯にはなると思います。 スプライトも相変わらず飲み放題でした。日本人だと国籍チェックがあると思うので パスポートを持っていったほうがいいです。 米ドルのチップはなくなっていてインドルピーのチップだけになっていました。 ネパールルピーを持って行くと、インドルピーのチップに替えてくれます。 機械式のスロットが増えていまして、それは小さい金額でもプレイできるマシーンで 楽しかったです。下は6ドル位からプレイできます。ワンベット1ドル行かない位で プレイできたと思いました。 8割ネパール人が客層で後は、中国人が多かったです。 ヤクアンドイエティの中にある カジノです。 一番タメルから近くて歩いていけます。 王宮の目の前にあります。 24時間です。24時間ご飯が食べれます。 ただし、昼の12時付近と夕方のご飯時以外は ポーカーとかのテーブルに付かないと食べさせてもらえません。 バカラやポーカー、ブラックジャック ミニポーカー、機械式のルーレットやルーレットもあります。 入る時は、半ズボンはNGです。 正装を着る必要はありませんが、半ズボン以外であれば 大丈夫なようです。 ここのチーズとハムが入った、焼きサンドイッチは美味しいので 食べてみて下さい。テーブルについてプレイすると 食べれます。お酒も飲み放題です。 ジュースも飲み放題です。スプライトがあります。 タバコもすい放題です。マルボロライトとかもあります。 結構たくさん賭けていると、一箱貰えます。 僕の印象では、ここの従業員の印象はいいです。 毎日の様に行ってましたが顔を覚えられました。 夜の8時位にショーがありますのでその時間帯は トレッキング目当ての人でも楽しめると思います。 しかしプレイしないとご飯が食べられないので10ドルでも いいので、10ドルチェンジしてコインは持っていたほうが いいと思います。 大金を掛けるお客さんには個人用のテーブルを用意してくれます。 ギャンブル好きにはたまらない場所だと思います。 ネパールの中で、エベレストホテルと同じくらいの大きさですが 一番客が多いのがここだと思います。 2番目がアンナプルナホテルにあるカジノだと思います。

コメント