多様性

ラスベガス観光でしたいこと!4つのTODOリスト

ラスベガス編にヨーロッパ最大のカジノ – 47246

カジノに特化し、格式も高いヨーロッパ型スモールカジノ

なので「ヨーロッパ型IRは……」と業界の話題を出そうものなら、いよいよ話の矛先はどこへ向かうか分からず、結局その事にはあまり触れずにフェードアウトしてしまうことが多々あるのです。話が膨らんでいかないのは寂しいばかりです が、しかしこの素朴な疑問が私の原動力となり、また「ヨーロッパ型IR」とは……の質問に私自身が明確な答えを出せない反省点も踏まえ、この度現地取材を敢行致しました。選んだ地域はスイスとドイツです。 もう既にご承知の通り、スイスでは連邦賭博場監視員会(ESBK/CFMJ)から発行される「A」ライセンスのカジノと「B」ライセンスの2種類のカジノがあります。 「A」ライセンスのカジノは「グランドカジノ」(Grand Casino)と呼ばれ、テーブルゲームを何種類でも置くことができます。スロットマシンの設置台数にも限りはなく、賭金も制限はありません。 一方「B」ライセンスのカジノは、テーブルゲームは3種類、設置できるスロットマシンは最大で250台までと一定の決まりがあります。 それらの経緯から、「ここにはヨーロッパ型IRのヒントがたくさん詰まっているのでは?」と思い立ったのがはじまりです。実際にグランドカジノ・ルツェルンは、130年ほど前よりヨーロッパ型カジノの前身「クアザール」として、世界中の人々を魅了しておりました。後に、 この「クアザール」の意味と歴史に触れたいと思います。

ラスベガス編にヨーロッパ最大のカジノ – 40645

ヨーロッパ型IRの原点を求めて (1)

ラスベガスと言ったらカジノ!と思っていたけど、それだけじゃない。 ラスベガスは街全体がエンターテイメント!今回滞在したシーザーズの統合型リゾートは「楽しい!」がギュッと詰まった夢のような場所。 まるで魔法にかかっていたかのような、4泊6日の大人のLas Vegasの旅でした。 Day 1。 Day 2。 Day 3。 Day 4。

パーソナルスタイリスト

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 遊び方はコインを投入してリールをまわし数字 又は絵柄 を揃えるだけ、と簡単です。英語も知識もほかの人とのやりとりも全く必要としないので、初心者にまず最初にお勧めするゲームです。 マシンの横にあるレバーを引いてリールを回すというのが昔の映画などにもあるスロットマシーンのイメージでしたが、今ではマシン前面にあるボタンでもリールが回るようになっています。投入金額 掛け金 は1セントからドル 又はそれ以上もありますが初心者にはドル以下のマシンお勧めします までスロットの種類によって変わってきます。当然ですが、安い掛け金のマシンは当たった場合の当選金も小さいので、予算を考えて好きなマシンを選んでみてください。絵柄や揃え方のルールなどいろいろなタイプがありますが、ジャックポット 大当たり が高額のマシンはなかなか小当たりが出ないので、ちょっとカジノで遊んで楽しい思い出を作りたい場合は、小当たりが良く出る高額等千金の低いマシンを選ぶとよいかもしれません。 当選金は映画のように「ジャラジャラ~~」と派手な音を立てて出てくる・・のではなく、バーコードの付いた金券がプリントアウトされてきます。それをキャッシャーに持っていけば、現金にかえてくれます。 まさにカジノという雰囲気のルーレット、ちょっとやってみませんか。機械相手のスロットマシンとは違ってディーラーという人が相手なのですが、ラスベガスという観光地ですので、片言の英語のお客さんを相手にすることはディーラーは慣れています。初めてのあなたも、基本的なルールを頭に入れてレッツトライ! ルールは、ルーレットに投げ込まれたボールがどの番号に入るかを当てるだけのとても簡単なものです。ルーレットには1から36までの数字と、0、00の38個のスポットがあり、それぞれに赤か黒(0と00は緑)の色がついています。ディーラーの投げたボールの入るスポットの数字そのものを当てる、偶数か奇数かを当てる、数字の前半か後半かを当てる、色を当てる、列を当てる、などいろいろなかけ方がありますが、全て確率を元に払い戻し金が決められています。自分の予想する数字や色の書いてあるボードの上にチップ(ディーラに現金を示せば、チップに替えてくれます)を置くだけ。特に難しい英会話は必要ありません。ボールが泊まり、予想が外れればチップは没収、当たればディーラーが勝手にチップを増やしてくれます。このチップはルーレット専用なので、ルーレットのテーブルを離れる時は、カジノ用のチップ(換金所で現金化できる)に交換してもらうのを忘れないでくださいね。 ワールドカップ、日本は惜しくも残念な結果になってしまいましたが、ワールドカップで盛り上がっていたのはサッカーファンだけではありません。ここラスベガスのスポーツブックも、お気に入りの国に賭けたギャンブラーたちが盛り上がっていました。 賭けの対象となるスポーツは、今回のワールドカップのような大きな世界的な大会のほかに、野球、バスケットボール、フットボール、テニスなどあらゆるスポーツが対象になっているので、みなさんの滞在中に行われている大会を探して、お気に入りのチームにベットしてみてください。試合を応援、チームも自分も両方勝利!という喜びが味わえるのも、ラスベガスならではの楽しみかもしれません。 All rights reserved。

コメント