多様性

日本進出を断念 米カジノ大手サンズ

日本の法案ラスベガスカジノ – 15952

「カジノ法案」と言われている時点で失敗 日本でIRが定着しないワケ

次に、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」。3つ並んだ57階建てホテルの屋上に、長さ300メートル、ジャンボジェット機4機が入る船のような形の広場が設置されている、極めてユニークな外観の施設です。8年前の2010年に開業し、年間4500万人が訪れるということです。 運営事業者によると去年1年間の売り上げは、31億5400万ドル。日本円に換算して3300億円余りです。 現在、IRの整備に向けた自民党のプロジェクトチームで座長を務める岩屋毅衆議院議員に話を聞きました。 「日本では、小泉政権のころから『カジノを作りたい』という声が地方自治体から出ていた。しかし、ギャンブルを禁止している刑法に風穴を開けるのはハードルが高く、政府は門前払いをしていた」。 そうした中、それまでカジノを禁止していたシンガポールで、国の財政難の打開策としてIRの整備を認められたことをきっかけに、2010年、当時の民主党政権時代に、与野党の有志の国会議員で構成する議員連盟が設立されたということです。 岩屋さんは、「当時はまだ観光が国の中心的政策ではなかった。その後自民党が政権を奪還し、安倍政権になって、成長戦略に『観光立国』が盛り込まれて以降、IRの実現をめぐる議論が加速化した」と説明しました。 ギャンブル依存症をめぐっては、2011年、大王製紙の井川意高・元会長がグループ企業から巨額の資金を引き出し、海外のカジノで使ったとして特別背任の罪に問われ、懲役4年の実刑判決を受けた事件で世間を騒がせました。 井川元会長は懺悔(ざんげ)録として出版した著書「熔ける」の中で、借金が4億円を超えてもカジノをやめられず、奇跡的に勝ちが出るとさらに続けてしまい、結局また借金をする。「地上と天空を乱高下しているような高揚感に身を浸していた」と記述しています。 同じ指標で行われた海外の調査と比べると、もっとも高かったのがオランダで1.9%、次がフランスの1.2%でした。 調査によって数値も大きく変わることもあるということで、このデータで、日本には依存症患者がほかの国と比べて多いとは言い切れませんが、ほかの国と同様に依存症に苦しむ患者が日本にも多数いるのは間違いありません。 競艇で依存症となり、祖父と父もパチンコで依存症となった田中紀子さんに話を聞きました。田中さんは、NPO法人「ギャンブル依存症を考える会」の代表を務めています。 「パチンコなどがこれほど街にあふれている国はほかにない。なのに依存症についての理解は低く、対策も置き去りになってきたのが日本の現状だ」。

日本の法案ラスベガスカジノ – 35620

カジノ合法化による利点と問題点

この事態を鑑み、年にカジノのライセンスを監理監督する「ゲーミング・コミッション」や「ゲーミング管理委員会(GCB・Gaming Control Board)」が組織され、「犯罪に関わりある人物の徹底排除」や「マネーロンダリングへの厳格な取締り」を行い、犯罪組織の影響を払拭することができました。 また「ギャンブリング・コミッション」というカジノ運営の監視と監督する委員会を発足し、法制の強化に努めています。 イギリスでのカジノは、賭博の管理を目的に「会員クラブ制」を軸に「48時間待ち会員登録制」「ドレスコード(服装規定)制定」「クラブ内アルコール提供禁止」「ゲーム台数や賭け金上限の厳格化」でカジノを適正に運用されるよう規制しています。 現在、我が日本国においてもカジノギャンブリングを合法へと法制化を国会で検討審議されていますが、これから日本で「カジノの合法化」によるメリットと、取り沙汰されているデメリットを以下に列記します。 ここで列記された内容は、各関係団体や関係文献などで見受けられる事項を引用・集約したもので、殊、カジノギャンブリングのみにフォーカスしています。 カジノギャンブリングは、プレイヤー(利用客)に多くの勝つチャンスを与えながら、ゲームを長く興じてもらう事で確実に収益を上げることが出来る仕組みになっています。 それは、運営側(ディーラー側)は少量の勝ち金控除率で運用することがカジノ規定ですが、ギャンブルとして僅かに有利となっているため、プレイヤーの利用時間数に相応して勝ち金控除で得られる金額が増えるということです。 文献にあった例として、オランダのアムステルダムにある「ホーランド・カジノ」での収益を挙げます。 税収効果の他にカジノ運営にはレジャー施設運営において重要な貢献性があります。 ラスベガスやシンガポールのようなカジノ施設を含む「統合型リゾート」は、これまでにも日本国内にあった「複合型レジャー施設」と比べて、以下の事項に挙げるとおり、一般的にカジノによる収益性が高いことと云われています。

カジノの歴史における社会問題と法制化事例

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 マーケット 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業。 日本で「IR開業」を狙う米国カジノ企業の現在地 国会議員の汚職事件や世論の逆風もあるが…。 加藤 千明 : 東洋経済『米国会社四季報』編集部 著者フォロー。 トピックボード AD。

コメント