多様性

マカオで夜景巡り!夜の絶景マカオをぶらぶら街歩き!!

マカオの初心者向モバイル機器 – 22623

マカオのWiFiレンタルプランを探す

マカオの通貨単位はパタカ(MOP)とアボス(avos)で、MOP1はavos 。紙幣は、MOP10、20、50、、、がある。2つの銀行が発行しており、それぞれ図案は異なる。硬貨は、avos10、20、50とMOP1、2、5、10があるが、avosの使用頻度はさほど高くない。マカオパタカは香港ドルとほぼ同価で、マカオでは香港ドルも流通している。香港ドルで支払った際にも、おつりはパタカで戻ってくることが多い。 両替できるところ PLACES TO EXCHANGE 香港ドルが使えるため、短い滞在なら両替の必要はないだろう。両替する場合は、銀行やホテル、フェリーターミナルなどにある公認の両替商で行う。日本ではパタカから日本円への両替ができないので、マカオ滞在中にパタカを使いきるか、紙幣が余ってしまった場合は、マカオで日本円に両替しておくとよい。また、香港でパタカは使用できない。 歴史市街地区 頃〜頃 ツーリストインフォメーション 〜(セドナ広場) 郵便局 〜(土・日曜、祝日休) 銀行 〜(土・日曜、祝日休) バス 〜頃 レストラン 〜頃 ショップ 〜頃 ショッピングモール 〜頃 コンビニ 24時間営業 カジノ 24時間営業。 飲酒 DRINKING マカオでは、お酒を飲んで盛り上がる習慣があまりない。泥酔して人前で騒ぐといった行為をしないよう、気をつけたい。ポルトガル料理レストランやホテルのレストランにはワインも置いてあり、気軽に注文できる。

ワンダープラネット株式会社

世界レベルのエンターテイメントを凝縮したマカオで、様々なアトラクションやエンターテイメントを楽しんでみたいと思いませんか?中でも世界で名だたる 最高級のエンターテイメント、 ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ ウォーター(水舞間) はシティ・オブ・ドリームスで最も注目を集める水上ショーです。今回はアクセスから、席の選択、お土産と筆者が実際に観た感想までをご紹介!迫力あるパフォーマンスで旅の思い出を作りましょう! マカオのエンターテイメントの中心エリア・タイパ島にきたら、 シティー・オブ・ドリームス(新濠天地)で行われる水上ショー「 ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ ウォーター(水舞間) 」は絶対に見逃せないトップクラスのパフォーマンスです。 芸術監督はベルギー出身の舞台演出家であり、ラスベガスの有名なショープロデューサー、フランコ・ドラゴーヌ (Franco Dragone) 。総制作費は20億香港ドル以上、構想だけでも5年もの時間をかけた大作です。年に上演開始してから国際的に注目を集め、毎回の公演がほぼ満席となってしまうほど、チケットの入手困難度が高いことでも有名です。 プロフェッショナルな役者の演舞と、 最先端技術を駆使した照明や音響を用いて、時空を超えたラブストーリーが幻想的に語られます。 シティー・オブ・ドリームス(新濠天地)はマカオのタイパ島( 氹仔 )にあります。 ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター の劇場は中心にステージ、周りに座席という構成で、どの角度からでもショーを楽しめる円形のレイアウトになっています。座席はVIP席のほか、3つのエリアに分かれています。

コメント