多様性

ハノイのおすすめカジノ11選‼日系やホテル併設カジノなどを紹介

日本人に人気山の上のカジノ – 61724

ゲンティンハイランドへのアクセス

なぜここまで多くの人がやってくるのでしょう。ゲンティンハイランドには、7つのホテル、遊園地、カジノ、ショッピングモール、ゴルフコースが完備された一大アミューズメントパークが 山の上に あるのです。しかも「 首都クアラルンプールから1時間程でいける場所にある」 のも人気の理由。 筆者の失敗談ですが、土曜日の10時過ぎにバスチケットを購入しに行ったとき「15時までいっぱいです。」と言われてしまったことがあります。 土日祝日は人気で混む為、午前中のチケットが購入できない場合もあります。 日数に余裕のない方は早めにチケットを購入するか、平日に行くことをオススメします。 ゲンティンハイランド一番のオススメは、 マレーシア唯一の政府公認カジノ です。リンギットもしくは、クレジットカード使用可能。カジノ内にはありませんが、ゲンティンハイランド施設内には両替所もあります。レートはあまり良くないので、事前に両替をしてから訪れた方がいいと思います。ヨーロッパのカジノのようにドレスコードは厳しくありませんが、あまりにも露出が多い格好やサングラスなど、不正を疑われるような格好は避けた方が望ましいです。 準備が出来たら、パスポートを持ってメンバーカードを先に作成しましょう。(入場は21歳以上でパスポート必須。)メンバーカードの作成は無料で、特典が付いています。 カジノで使用できるリンギット分(13,円)のフリークーポン、 ルーレットフリーゲーム、飲食店でのバーガーを1つ買うと、2つ目が無料になるBuy1Free1などの特典があります 。 中に入ると、フロアは2つに分かれています。

日本人に人気山の上のカジノ – 8938

ゲンティンハイランドってどんなところ?

LINEでログインして予約すると、購入金額の一部をLINEポイントで還元いたします。 詳しく見る。 LINEアカウントにログインして商品を予約すると、LINEポイントが還元されます! 詳しく見る。 パラダイスシティの敷地面積は、東京ドーム7個分の約33万平米。その中に、ホテル・カジノ・テーマパーク・スパ・ショッピングゾーン・クラブなどがオープンしています。 パラダイスシティの中心に位置するのは、世界で活躍する日本の芸術家 草間彌生作のカボチャのアート。パラダイスシティ全体には本物のアート作品が数多く配され、アートとリゾートのコンテンポラリースペースとして、ラグジュアリーな雰囲気を演出。 カボチャの右奥に見えるのが、レッドとゴールドの煌びやかさが象徴的なカジノのエントランスです。 印象的なこちらのカジノのエントランスも、実はアート作品。韓国アートの「MIOON」の作品「MOVING GATE」。不思議に動くアート作品の門に注目しながら、入場しましょう。 カジノの中にも、「MIOON」の「GOLD CAROUSEL」というアート作品が中央に鎮座しているのでチェックしてみて。煌びやかなメリーゴーランド型の巨大オブジェです。 エントランスを入ったら、パスポートを見せて年齢と国籍のチェックを受け、リワードデスクにてメンバーシップカードを作りましょう。パラダイスカジノは、韓国で成人とされる19歳以上の韓国国籍以外の外国人(外国国籍)のみ利用することが出来ます。 仁川国際空港や、パラダイスホテル&リゾート内で配布しているクーポン等を持参すると、初回利用に限りベッティングクーポンがもらえることも。 メンバーシップカードは、ゲームをするとポイントが貯まり、特典と交換することが出来ます。テーブルゲームで遊ぶ時にはディーラーに渡し、マシンで遊ぶ時にはマシンにカードを差し込み、ポイント加算を忘れずに。 カジノ内には両替所もありますが、テーブルゲームは、ディーラーに現金を渡しチップに交換することも出来ます。マシンでも、現金そのままで使用OK。 テーブルゲームは、バカラ・ブラックジャック・ポーカー・ルーレット・シックボーなどがあり、ミニマムベットは5,ウォンから。 ディーラーのいるテーブルでは気おくれしてしまう方には、ETG(エレクトロニック・テーブル・ゲーム)はいかがですか? ETGは、大型スクリーンにルーレットやバカラなど数種類のゲームが映しだされ、その前のテーブルでゲームをチョイスして遊ぶスタイル。 パラダイスシティには、ETGの小型版で12人が楕円形に座れる、ルーレットとシックボーが選べるマシンもあります。 シックボーは「大小」とも呼ばれ、3つのサイコロの目の数や組み合わせを当てるもの。難しいルールではないので、ルーレットと共に初心者の日本人におすすめしたいゲームです。ミニマムベットは、1,ウォンから。

カジノに行く際に気を付けたい事

ラスベガスのカジノに観光で行っているせいか 小さめな感じのカジノです。 なによりも、 中国の方、中国の方、 右も左も中国国籍。 これに一番驚いた。 カジノのレストラン これが上手いとのことで ラー。 時間もあるしチョッと行ってみようかと月曜日の昼間に行きました。 以前と比べてま~ぁビックリするほどの混雑ぶり! 中国人で溢れかえっています。 ルーレットをやりたかったので「やりたいです!やります!」感。 ホテルミレニアムソウルヒルトンに併設のカジノ。 ソウル駅から徒歩圏内ですが、丘の上にあるので、若干不便に感じました。 ルーレットやスロットなど、やっているのは日本人が多かったです。 入口でパスポートを提示し、入場。ジュースやコーヒーはセルフサービスで。 一定以上利用のVIP客には食事の提供もあるようです。 スロットは~W程度、ルーレットはW程度からベットできますので、日本ではできない経験として、話のタネにいいかもしれません。 ただし、熱中しすぎには注意する必要がありますね。 ご存知のとおりミレニアムソウルヒルトン隣接です。 宿泊がヒルトンでしたので、ホテルからは外に出ないで入場でき大変便利。 入口でパスポート提示し、メンバーカードを作ります。入場は無料。 ほとんど中国人と日本人で、残念ながらカジノらしい雰囲気はありません。欧米人は一割もいません。 テーブルも空いていなくて、なかなかゲームできません。 飲み物は無料ですのでルーレットやバカラなどの卓でデイーラーに注文し、係りの女性が持ってきてくれます。 なお、トイレはウォシュレットです。 ヒルトン宿泊の人は、一度は行ってみるとよいですが、わざわざタクシーで乗り付けるほどの気はしません。 韓国のカジノは外国人専用(一部例外あり)なので、ソウルのカジノは特に日本人客の姿が大変目立ちます。しかもここは、日本人が滞在するミ明洞エリアにも近いので、その傾向が特に強い感じがします。 明洞エリアからは、南山方面に登っていく車道沿いに歩けばよいですが、ソウル駅方面からアクセスする場合は、ホテルの駐車場奥にあるエレベーターに乗るのが断然便利です。近いし、何より楽ですが、最初は場所を見つけるのに骨が折れるかもしれませんね。 韓国のカジノはどこも小規模なので、週末ともなるとテーブルがすぐに一杯になるのですが、日本人や欧米系(在韓米兵が多いのでしょうか?)がブラックジャックやルーレット、中国人がバカラや大小に集中しているのを観ると、お国柄が良く出ているなぁ、と感心します。 それにしても、ここの中国人客のマナーはびっくりするくらい落ち着いているというか、静かでびっくりしました。マカオのカジノとは大きな違いです。マカオのバカラ台は騒がしすぎて多少げんなりしていたのですが、静かに張っている中国人客というのも逆に違和感がありますね…(笑)。 ゴージャスな雰囲気は全くないですが、逆に敷居も低いので、軽く覗いてみる程度の方にはオススメだと思います。

ハノイでおすすめのカジノを紹介

隣国・シンガポールが海沿いのリゾート地でカジノ開発を行ったのに対し、 マレーシアは熱帯雨林に囲まれた高原リゾート「ゲンティンハイランド」内に「カジノ・デ・ゲンティン」を建設 しました。これは 世界で唯一雲の上にあるカジノ だと言われています。 ちなみに 首都「クアラルンプール」の正しい区切り方は「クアラ・ルンプール」(略称:KL)です 。クアラルンという名前のプールがあるのかな~って勘違いしている人、絶対多いですよね(笑)。 マレーシアと関わりが深い国といえば、シンガポール です。シンガポールはマレー半島の先っちょにある島が独立してできました。年現在、シンガポールは世界4位の金融都市です。一方のマレーシアは、今も豊かな自然が残る国です。 といってもあくまで外交上の問題であり、戦争に発展することはありません。 経済的に密接なつながりがありますし、山川がなく水不足になりやすいシンガポールはマレーシアから水を買って橋を通じて送ってもらっています 。 ゲンティンハイランドは、ホテル・ショッピングモール・カジノ・遊園地・ゴルフ場などが併設された高原リゾート です。クアラルンプールからバスで東へ一時間ほど移動した高原の上に建設されました。 クアラルンプールの 「KLセントラル駅」からゲンティンハイランド内施設へのタクシー運賃は約~RM、日本円換算で6,~9,円程度 です。セダンタイプかバンタイプかで値段が変わります。空港で事前にタクシーチケット(クーポン)を買うようオススメします。

世界で唯一、雲の上にある「カジノ・デ・ゲンティン」

ベトナムでは国民はカジノが禁止されています。 外国人しかカジノはできないので、国籍を証明するためにパスポートの提示が必要です。パスポートがなければ来店できないので必ず持っていくようにしましょう。 旅工房ベトナムではベトナム各都市発のツアーや、ベトナム発航空券情報など情報満載! ベトナムの最後の楽園と言われているビーチや周辺国の秘境など、自分だけでは行くのが難しい場所へのツアーの種類は豊富。 サイゴンの町並みが一望できる展望スパ。ジャクジー、サウナなどの施設が充実しており、広々とした施設内で、ゆったりと過ごせます。 男性も気軽にご利用いただけます。 ホーチミンの日本人街・レタントンに佇む居酒屋「食酒空間 晴レ屋」。豊富な居酒屋メニューや定食メニューの他、宴会メニューも用意しているので大人数でも利用可能。おすすめは、晴れ屋名物骨付き鶏(12万ドン)。秘伝のスパイスと弾力のある歯ごたえが病みつきになります!

コメント