初心者のため

カンボジアのお金事情を解説!通貨や両替、物価や平均旅費まとめ

現金万円カンボジアカジノ – 5007

カンボジア:NagaCorp 19年度 当期利益558億円YoY33%増~Naga 3(35億ドル)計画開始

カンボジアのカジノ市場は約20億米ドル。カンボジアにはほどのカジノ施設がある。首都プノンペン・エリアの独占権を持つのNaga World Complexが最大。その他、シアヌークビル、および、ベトナム国境(バベット)、タイ国境(ポイペト)に施設が集積する。 アジア太平洋地区において、営業停止中の施設は、韓国のカンウォンランド(唯一の自国民の入場可能な施設)および外国人専用施設、カンボジア、ベトナム、フィリピン・マニラ首都圏、マレーシアのResorts World Genting(唯一のカジノ施設)、オーストラリア・ニュージーランド全施設など。 Naga2は、年11月開業(10月30日にソフトオープン)。Naga2は、年9月にはホテルの平均稼働率が85%に達し、ゲーミングエリア、ノンゲーミングエリアともほぼフルキャパシティ。 中国からのインバウンド観光客が急増を背景に、同社はNaga3の開発を決定。 開発計画 ・カンボジア・プノンペン Naga 3 — 土地面積54ha, 開発費は最大35億ドル — 年までの完成を目指す — 今後、土地のパイリング作業を開始。ヵ月 — 設計事務所は、Steelman Partners(米国ラスベガス)に加え、SOM(米国シカゴ)を起用 ・ロシア・ウラジオストク — 投資額3。 市場ステイタス ・カンボジアの首都プノンペン唯一のカジノを含む統合型リゾート(IR) ・カジノライセンス期間は70年間(年まで) ・プノンペンから半径Km圏内(ベトナム国境エリア, Bokor, Kirirom山脈, Sihanoukvilleを除く)におけるカジノ独占権を年まで保持 ・Naga 3の完成時には、全体で、ホテル5,室, ゲーミングテーブル1,台, EGM 4,台に。 Naga 1(年開業) ・総投資額は3億米ドルほど ・ホテル室、ゲーミング施設(年6月末)はテーブル台、電子ゲーム1,台(外部業者設置分、台を除く)。

コメント