初心者のため

マニラでブラックジャックするならベストかも - リゾーツワールドマニラ

ライブブラックジャックマキシムズカジノク – 37548

ベラジョンカジノの中からお好みのブラックジャックを選ぶ

ブラックジャック(BJ)とは、 プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で 、 手持ち2枚からスタートし、合計数字が21に近い方が勝ちとなる 、カードゲームです。 ブラックジャックと、3枚以上で21を作った場合では、 ブラックジャックが優先勝ち になります。さらに、 ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーの勝ち 。 しかも、 ディーラーには「16以下の場合、絶対に3枚目を引かなければならない」というルールがある 為、バースト(21を越えたら負け)の確率が高くなり、勝つ確率が高い事も、愛される理由の1つ。 このような 確率を分析したのが、基本戦略であり、勝ち方・攻略法である 、 ベーシックストラテジー になります。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

朝から昼まで乗り継ぎで時間があったので噂に聞いていた、カジノに行ってきました。 結論から言うと、空港のターミナル3出口から歩いて行くのが一番近いです。 カジノをやるだけなら特にお金もかからず荷物も。 マニラには大きなカジノがいくつもありますが、どこもブラックジャックの片身は狭いです。ここも、非常に少ないですが、ブラックジャックで珍しいルールのテーブルがあります。それは、フリー・ベット・ブラックジャック。 9、10、11からのダブルダウン、20を除いたスプリットが、無料でできまるブラックジャックです。スプリット後のダブルダウンや、スプリット、スプリット、ダブルダウンなんてのも、みんな無料です。その代わり、ディーラーが22になってもバーストではなく、引き分けとなります。 色んな国のカジノを旅してますが、このルールはここ以外で知りません。非常に珍しい、かつ、とても楽しめるブラックジャックでした。 空港近くにあるカジノです。カードゲームはバカラが非常に多いです。 絞れる台はミニマムペソ機械式だとペソから掛けられます。 台は少ないですがブラックジャックはペソから掛けることが出来ます。 他の国のカジノに比べてミニマムベットが低いので初心者におすすめです。 なお勝った場合、パスポートを提示して顔写真付きのメンバーカードを 作らないと換金できません。 とにかく空港から近い。マリオットやマキシムズなどの複数のホテルがあり、カジノ、ショッピングモール、映画館などがある。地元のフィリピン人と韓国、中国からのツーリストでごった返している。マニラ湾にあるソレアリゾートやシティ・オブ・ドリームス、Okada Manilaなどに比べると庶民的な感じはするが、賑やかなのは良い。 フィリピンでもっとも大きいカジノかと思いました。凄い人です。フィリピン人を除くと中国人だらけです。まだ行っていませんが、モールオブマニラの近くのOKADA HOTELはもっと凄いそうです。今度行ってみます。

バナー・ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノの中のブラックジャックは沢山ありますが、その中でも 「ライブ」「パーティ」 というのが特徴を表しているでしょう。 で、ブラックジャックは ディーラーと、テーブルに着席する7名のプレイヤーによって行われます 。このブラックジャックテーブルにはオンラインで世界中からプレイヤーが集まっており、1度に50人とかが入ってたりします。 プレイヤーの シートが7席しか無い ので参加している人数によっては シートに着席できないことがしばしばあります 。 またシートに着席しなくても 他のプレイヤーのカードにあいのりが出来る ので参加できない、といった事はありません。あいのりのときはヒットやスタンドはその主となるプレイヤーが決定するわけですけど。 シートに着席せずに遊ぶには、既に着席している7人のどこかに相乗りさせてもらう事になります。待機時間中に 「Bet Behind」 というボタンが7席ぶん出てきますので、どの席の人に乗るかを決めてベットします。

コメント