初心者のため

カジノ法案最新情報まとめ【2020年最新版】|「日本カジノ研究所™」

オンラインを始め北海道のカジノ – 23162

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

雇用創出3万人~4万5千人、年間利用者数万人~万人 経済波及効果億円~億円。 雇用創出2万5千人~2万7千人、年間利用者数万人~万人 経済波及効果億円~億円。 雇用創出1万人~1万人、年間利用者数25万人~40万人 経済波及効果億円~億円。 これら3候補地への設定には、「北海道」が抱えているタスクの解決が期待されています。 現状の課題は、季節による観光客数の増減(繁忙期と閑散期による格差) ですね。

カジノ法案のメリットとデメリットを徹底解説【2020年最新版】

また北海道庁は、年5月にあずさ監査法人に委託して 「新たなインバウンド誘致企画調査事業」 の選定作業に着手し、さらに年7月にはIR実施法が国会で成立したあとに、IRを誘致する候補地を一本化する方針を固めました。 また、IR施設全体(カジノ、レストラン、ショッピングモール、ホテル、プール、エンターテインメント施設など)としては2万から3万坪程度のまとまった土地が必要となります。 この点では、 土地を容易に取得可能と思われる北海道に競争優位性が高い と判断できます。

コメント