初心者のため

オンラインカジノの遊び方から実践記まで幅広く紹介!

ペイアウト率控除率 – 29873

控除率・ハウスエッジ・ハウスアドバンテージ・還元率・ペイアウト率の概要

ギャンブルをしていると(特に負けてる時)、結局「 一番勝ちやすいギャンブルは何なの!? 」と思うことは多々ありますが、その答えのヒントは「 還元率(控除率) 」にあります。 ペイアウト率(還元率)とは、「 多くの回数遊んだ時、平均して1回に得られる利益率 」を表した数値で、 プレイヤーがかけた金額のうち何%が手元に帰ってくるかという割合 になります。 ギャンブルも事業経営なので運営費を稼ぐ必要があるため、必ず胴元(運営側)が儲かるような仕組みです。そのため プレイヤーは常にマイナスからスタートというのが前提 ではありますが、有名どころのギャンブルの還元率を比較すると 「カジノ・オンラインカジノ」が一番勝ちやすい と言えます。 ちなみに、カジノの中でも数万円~数1,万円の一攫千金狙いができる「 スロットゲーム 」やVIPルームで富裕層が好む還元率約98。 また、プログレッシブ(積立)機能のあるスロットゲームで運よくジャックポットを獲得すれば、一夜にして 数千万円~数億円 という大金を引き当てることも夢ではありません。 ベラジョンカジノに登録し、投資金約1万5千円(ドル)を入金。そのまま遊んでいたところ、 登録初日 に約万円を獲得してしまったというまさに「夢の様」な大勝利!

RTP(ペイアウト率)と控除率~オンラインカジノの基礎知識~

そのため、このようなギャンブルにおいては、胴元が必ず勝つようなシステム、または有利な条件でないと胴元側が潰れてしまい経営や商売として成り立ちません。 例えば、競馬などの公営競技では売上額の2割から3割、宝くじにおいては発売総額の約半分が主催者側の利益(取り分)となり、残りのお金を参加者同士で分け合うという図式になっています。 ブラックジャック、クラップス、バカラなどはハウスエッジ(控除率)が低いゲームです。 特にブラックジャックでは、ベーシックストラテジやカウンティングなど、プレイヤーの腕前・技量次第ではペイアウト率を100%以上にすることが可能で、技術介入度が非常に高いゲームです。 これらの理由により、各ギャンブルのペイアウト率の算出方式の違いに気づかずパーセンテージだけを比較して、「オンラインカジノが他のギャンブルと比べて一番甘い」という解釈は完全に誤りとなりますので注意してください。ゲーム自体がオンライン版となっただけで、 ランドカジノ=オンラインカジノ となります。 今なら、無料で 3, 円(30ドル)のスロット初打ち資金がもらえます! 受け取り方法はコチラ>>。

ギャンブルは、必ず胴元が儲かるようにできている

ベラジョンカジノ 4億越え の当選者はじめ億越えの賞金が連発!最速の出金スピードに加え、手数料が安い入出金システムを採用。さらに初回、登録ボーナスが充実!非常にバランスのとれたカジノです。 (バランス型)。 カジ旅 カジ旅独占のブリッツモードが注目。6倍速のスロットでストレスなし!スロット好きならカジ旅が一押し。出金スピードも速さも魅力。初回入金ボーナスで回のスピンをくれるのも魅力。 (スロットが魅力)。 Queenカジノ 銀行振込ができる初のオンラインカジノ!手数料も無料なので入出金に関する悩みを一気に解決。初回ボーナスをはじめ、不定期に開催される夜カジ昼カジは全カジノと比べてもナンバーワンのボーナス! (ボーナスが魅力)。

コメント