初心者のため

「FASTLANE – 復讐のコンバットレース -」の感想/評価 ギャングとカーバトルを繰り広げる2Dシューティングゲーム

プレイヤーのレビュボーナスステージ – 41681

このクリエイターの人気記事

そんなシューティングの登竜門的な作品の、新バージョンにして最終バージョンが登場しています。   『弾幕月曜日終章』 です。 そして今回の『終章』。   『弾幕月曜日黒』のステージを短く切り分け、難易度も易しく調整し、初代『弾幕月曜日』のような初心者向けのシューティングに作り直したバージョン と言えます。  ちゃんと簡単になっていて、解説も懇切丁寧。自機の強化も可能。  『黒』には多くのサブウェポン(SP)があり、多すぎて逆に混乱を招いていたのですが、そこも段階的に説明付きで追加されていくため、無理なく使えるようになっています。 ただし、ベースが黒いため、後半に入るとやっぱり漆黒。  終盤はゆるキャラの皮を脱ぎ捨てたハートマン軍曹が鬼畜ミッションを叩き付けてくるような展開になるため、覚悟して、いや、楽しみにして下さい。  ともあれ、 初心者から上級者まで遊べるゲーム になっています。 iOS版、Android版、共に アプリ本体は無料 。  今作は『黒』とは違い、初代のように無課金でも最後までプレイできます。  ボーナスを得られる任意動画広告がありますが、視聴は必須ではなく、面倒な人はOFFにすることも可能。 ただしステージ10に挑むには、各ステージに8つ用意されている 「ミッション」 を達成し、ポイントを稼がなければなりません。  ミッションには「ノーミスでクリア」や「スコア5万点以上」といったシンプルなものもあれば、「得点アイテムを大量に回収する」「撃破率90%以上」といった、狙わないと達成困難なものもあります。

「コーヒーブレイク」が生み出した至高の演出

GIGAZINE シークレットクラブって何? html 「Into the Breach」の1ステージの流れはこんな感じ。1ステージ5分かからずにサクサクプレイできます。 「Into the Breach」の1ステージの流れはこんな感じ - YouTube ゲームの初回起動時にはプロフィールを作成する必要があるので、「Create New Profile」をクリック。 タイトル画面の「New Game」を選ぶと、ゲームの設定からスタートします。「Into the Breach」の舞台は未来の世界。大まかなストーリーは、タイムトラベラーが巨大戦闘メカに搭乗し、襲い来る巨大生物「VEK」から世界を守るというもの。まずはタイムトラベラーやメカ、そしてゲーム自体の難易度などを選択してきます。 初期設定が終わればゲームスタート。「Into the Breach」はステージを1つずつ攻略していく形でゲームを進めていくため、開始時はまず「アイランド」と呼ばれるワールドを選びます。 マンションなどの住居や発電所・人工衛星ロケットなどの各種施設を巨大生物VEKから守るというのが「Into the Breach」の目標。ゲーム的にはターン制シミュレーターですが、敵の移動と攻撃の「間」に自軍の移動と攻撃が可能という特殊なシステムです。

この記事が入っているマガジン

Android アクション タイミング キッズ。 定期的にサーバー内のトップ人からPVPで頂点を決定する「決勝戦」システムがとにかく面白い!リアルタイム進行、勝者を予想、流れるコメントの投稿など、生ライブでトーナメントが進行します! 詳細を見る。 アクション ()。 タイミング (37)。

タップや長押しをするだけのシンプルなゲームシステム

農民の「ごんべ(権べ)」を操作し、 悪代官 の屋敷まで殴りこみにいくという内容 [1] 。2人協力プレイも可能で、 プレイヤー2 は「たご(田吾)」を操作する [1] 。生活苦にあえぐ農民たちが蜂起するという設定は 百姓一揆 を元にしている。しかし味方サイドのキャラクターはプレイヤーキャラクターの人のみで他の仲間は一人もおらず、「一人でも一揆ができる」「一揆なのに、なぜか敵が忍者である」など荒唐無稽でコメディチックな内容となっている。ジャンルは多方向スクロールの アクションゲーム とされることが多いが、内容的には シューティングゲーム の要素を多く含むゲームである。開発はサンソフトが行い、音楽は小井洋明が担当している。 イラストレーターの みうらじゅん が初めて クソゲー という言葉を使用したソフトとして知られる。 当時としては珍しく縦書きの日本語を多用したメッセージ表示が特徴でプレイデモや オープニングデモ 、 ステージ の合間など色々な場面で表示される日本語メッセージは独特の雰囲気を醸し出していた。登場人物の台詞の内容は 時代劇 の内容を誇張したようなギャグテイストになっている。 元はアーケードゲームだが、サンソフト(サン電子)が開発した作品を ナムコ が販売するかたちで設置されていた。後に年 11月28日 に発売された [2] ファミリーコンピュータ (以下ファミコン)向けの移植版の方が知名度が高い。 売り上げ本数は好調で、『いっき萌バイル』の携帯サイトにミリオンセラーと紹介されているが、実際には「ミリオン(万本)には届かないくらい」 [3] である。

コメント