初心者のため

オンラインカジノの遊び方-日本語対応で安心のお勧めオンラインカジノ

実践動画イギリス版ブラックジャック – 59370

基本はルールはブラックジャックと同じ

ブラックジャック(Black Jack)とは、プレイヤーとディーラーのカードの数字の合計で勝負するカードゲームです。プレイヤーは、合計21という数字を目指して、ディーラーよりも数字が大きくなるようにカードを引いていきます。プレイヤーは先に勝負する数字を整える事になりますが、ここで21をオーバーしてしまうと、その瞬間に負けが決定してしまうので、ディーラーの数字は関係なくなってしまいます。 ブラックジャックのテーブルには、自分のカードの数で勝負する以外にも、賭けられる場所があります。例えば、「ANY Pair」という場所には、次の勝負で文字通り、同じ数のカードが来ると予想してベットする場所になります。当たれば配当が11倍になるので、大きいですが、その分当たる確率も低い勝負になります。

オンラインカジノの遊び方: 動画

ポン ツーンとは、ブラックジャックをベースにオリジナルな要素が加味されたゲームで、主にイギリスでプレイされていることからイギリス版ブラックジャックとも呼ばれています。わざわざイギリスまで行かなくてもオンラインカジノでプレイが可能なので、ブラックジャックが好きな方はぜひ覚えてみてください。 ちなみに、 ポン ツーン pontoon は軍橋として用いる舟橋と言う意味ですが、何故この名前になったかは定かではありません。 ポン ツーンの基本ルールはブラックジャックと同じです。細かい違いは後ほど説明しますので、まずはブラックジャックと同じ部分を確認してみましょう。 このように、核となるルールはブラックジャックと同様なので、ブラックジャックを知っていれば ポン ツーンはすぐに覚えられます。 アクションはブラックジャックと同じですが、一部で名称が異なります。アクションの呼び方に慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、 ハンド シグナルでカバーしましょう。 ランドカジノ の ポン ツーンでは、10のカードを使用しない場合があります。使用するトランプはジョーカーを抜くと、1デック52枚のカードとなりますが、さらに10のカードを引いて1デックを48枚として使用します。 通常のブラックジャックにおいてディーラーの最初に配られる2枚のカードのうち、1枚のカードは表面 アップカード で配りプレイヤーにも公開し、もう1枚は裏面 ホールカード で隠した状態で配ります。それに対して ポン ツーンでは両方とも裏面 ホールカード で配ります。

コメント