初心者のため

リゾカジ カジノレポート

で過ごす夜バヌアツカジノ – 19928

冷房の効いたカジノで一息休憩!?

タグ: お得 たのしい。 カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、 「カンボジアのラスベガス」 と形容されることもあるほどです。 ポイペトの町には設備の整ったホテルはほとんどないに等しい状態ですが、カジノ併設のホテルは、カジノ客をおもなターゲットにしているためか、 清潔感もあり、設備がきちんとしている割に1泊30ドル程度とお得な料金設定 です。ポイペトにはカジノ以外にこれといった観光資源はありませんが、島国日本ではなかなか味わえない「国境の町」に滞在してみるのもなかなかおもしろい経験ではないでしょうか。カジノはポイペトからタイ側の国境の町アランヤプラテートへと続く道に沿って立ち並んでいますが、タイ国内ではカジノの営業は違法であるため、国境を越えてタイ側へ足を踏み入れると、そこにはもうカジノは見当たりません。「国境」というものを肌で感じさせてくれます。

ポートビラのホテル事情

バヌアツの首都、ポートビラへはバヌアツ航空で。 Trip。 旅太郎はSkirt Steak(ハラミ)、バツ。 厚みはないけど、表面積広くて巨大。それをやはり巨大なオバチャンがサーブしてくれます。 ハラミ特有の歯ごたえが美味しく、コスパから言ったら断然こっち! お肉は2つ合わせてg。 さすがに旅太郎には多く、g近くはお母さんの胃の中へ・・。 レストランの往復はローカルバス。 ナンバーが「B」で始まるバンが全部バスで、手を上げればどこでも停まってくれるし、希望の場所で降ろしてくれるし、たくさん走ってるし、とっても便利。 中心地内なら1回バツ。

マカオに次ぐアジアのカジノ大国

お見積り フォームへ。 来店予約 フォームへ。 アオレアイランドリゾートは、サント島の空港から車で約10分のルーガンビルにある港から、ボートで約10分のところにあるアオレ島にあるリゾートです。 白砂のビーチと穏やかな海に囲まれ、のんびりとした時間を過ごすことができます。 リゾート内では、SPA、ダイビング、シュノーケリング、カヤック、パドルボード、サイクリング等の アクティビティーも充実しているのも嬉しいです。 白砂にヤシの木と芝生の緑に、薄黄色のバンガローやオープンテラスの素敵なレストランが映え、温かい雰囲気です。カップル、お友達同士、ご家族、どんなお客様にも合うリゾートです。 海の音だけを聞きながら眺める星空も気分を盛り上げてくれます。

コメント