初心者のため

海外旅行中にラスベガスのカジノで大当たり!当選金額と税金はどうなるの?

出金ラスベガスカジノ – 12454

ミニマムベットを確認して好きなゲームを楽しもう

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。

カジノラスベガスで遊べる人気ゲーム!

ロイヤルベガスカジノ は年から運営が開始され、オンラインカジノのライセンスの中でも健全性がもっとも高いといわれるマルタ共和国の政府がライセンスを発行しています。 そのため世界的に見ても老舗とされ、多くのユーザーがロイヤルベガスカジノで遊んでいるとされているのです。 一時は銀行送金やビットコインなどの方法も存在していたようですが、年8月現在では利用できなくなっているようです。 出金についてクレジットカードや一部デビットカードも使えることにはなっていますが、いざ出金しようとしたときにそのカードを使用することができず他のカードを試さないといけないこともあるようです。 ロイヤルベガスカジノは出金手続きを開始するまでに「 通常保留期間 」というものを24時間もうけています。この保留期間の間はキャンセルなどをすることができますが、この時間があるので出金手続きをしてから実際に出金が反映されるまで時間がかかる仕組みになっているのです。

ラスベガス大全とは?

カジノに行くと、テーブルゲームとスロットマシンなどの電子ゲームの2種類のカジノゲームが用意されています。 多くの場合、一攫千金を手にするのは、後者のスロットで遊んでいる方になります。スロットは、50セント程度から賭ける事ができ、ジャックポットと言われる、一番確率の低い絵柄が揃えば、1000ドル〜1000万ドル以上の賞金を一発で獲得できるのです。 これはテーブルゲームで遊んだチップの合計ではなく、スロットマシンを遊んで、ジャックポットを当てて、1200ドル以上の勝利をした場合のみとなります。この場合、ラスベガスのカジノでは税金が必要になります。この金額は、国によって様々な規定があるので、アメリカは1200ドルと覚えておけば大丈夫です。 テーブルゲームやスロットの通常の配当でも、積み重ねれば、1200ドル以上の勝利を手にする事はあると思います。この場合も当然、税金は必要になるのですが、チップも1200ドルを600ドルずつ、時間を分けて換金されれば、全くわかりませんし、スロットは、現金がそのまま出てくるので、勝利金額の証拠がありません。この様な「遊びの習慣」は管理できないから、管理できる賞金はしっかりと管理するという流れになっていると予想できます。 ジャックポットが当選すると、スロットマシンがフリーズして、画面に「Jackpot Call Attendant」という表示が現れます。 「ジャックポットが出たので、従業員を呼んでください」という事です。 ですが、たいていの方は持っていないので、引き続きこんな流れになります。 従業員に「アイティン(ITIN)ナンバーを持っていない外国人が、1200ドル以上を当てた場合は、30%の税金を払わなければいけません。」と言われます。 どうしようも無いので、「YES」と答えると、ちょっとした個室に案内され、パスポートを提出し、書類に必要事項を記入。当選金額から、30%を引かれた金額を現金か、キャッシャーで換金できる小切手で受け取る事ができます。(大きな金額の場合は、銀行で手続きが必要な小切手になったり、20回の分割支払いになったりします。)。 出典: もしラスベガスのカジノで大金が当たったら・・ - 海外旅行 全般 解決済 教えて!goo。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

いつもよく出没している、カジノラスベガスのボーナスの最低賭け金条件は、ビデオポーカーをプレイしてもスロットと同等の賭け金としてカウントされますので、まずはビデオポーカーで資金を増やして立ち回る方法も有りだと思います。あと、スロットの調子が悪いときにもうってつけですね・・・ 続きを読む。 このジャックポットポーカーは、賭け金の割にジャックポットの上昇速度がトロいこともあり、一日あたり数百ドル程度しかジャックポットが増えませんが、ライバルが少ない+当選確率約4万分の1という甘さで、私のようなジャックポットマニアにはおいしいポーカーだといえます・・・ 続きを読む。

コメント