遊び方

カジノ新聞‐カジノ関連ニュース

ギャンブのカジノがフーコック – 39462

ベトナム IR開発動向

resocasi さんのツイート。 ベトナム国内に初のベトナム人が利用できるカジノが1月19日の夜、開業する。コロナは地元の不動産開発企業Phu Quoc Turism Development and Investment Comapany JSC PQTD から業務委託を受けて、オランダ企業のUpffinity Gaming Management UGM が運営する。PQTDはベトナムのコングロマリットであるVingoup傘下の企業。同カジノは数々の大型カジノ施設の設計を手掛けるアメリカのSteelman Partners LLPが設計した。カジノは24時間営業で約20万平方ft(1万9,㎡)のフロアにゲーミングテーブル台、スロットマシンとエレクトリック・ゲーミングマシン各1,台を備える。ベトナムでは試験的に3年間、条件を満たす国民にカジノでのギャンブルを許可するプログラムを採用しており、コロナはその第1号のカジノとなる。同プログラムが適用される2軒目のカジノはハノイの東マイルほどのVan Donにオープンする予定。カジノを利用できるのは21歳以上で1か月あたり1,万ドン(ドル)以上の収入がある者に限られており、カジノを利用する際には別途入場料も必要となる。By Resocasi。

ギャンブのカジノがフーコック – 65721

フーコック島3泊5日~3日目

コロナのウェブサイトによると、オープン時にはバカラ、ルーレット、ブラックジャック、シックボー 大小 そしてポーカーシリーズののゲーミングテーブルと、のスロットマシンを有する。また、「プライベートスカイカジノ」経由のVIP施設、カラオケそして3つのレストランも提供する。 IAGニュースデスクチームには、アジアゲーミング業界で最も経験豊富なジャーナリストが複数所属しています。 幅広い専門知識を持つそれぞれの長年のノウハウが結集しており、その範囲は多数の国の多種多様なトピックに及びます。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

Corona Casino & Resort

施設開発者は、Phu Quoc Tourism Investment and Development社。資本の半分は、ベトナム最大のコングロマリットであるVingroupが所有。 カジノ部門のマネジメントサービスは、オランダのUpffinity Gamingが担当。カジノ部門のデザインは、Steelman Partners。 IR施設の概要は、 ・投資額=21億米ドル ・ホテル群、飲食群、ショッピング、サファリアミューズメントパーク、コンベンショ、劇場など ・カジノフロア=18,㎡(テーブル台、スロット1,台)、24時間営業休みなし。

ベトナム:フーコック島 Corona Resort and Casino開業~地元資本主体で内国人パイロット対象

建設中のアミューズメントホテルは年に開業予定だという。主な投資会社は「Phu Quoc Tourism Investment and Development Jsc」であり、同社の株の50%はベトナム最大の民間複合企業Vinグループが出資している。 出典: VnExpress。 ホーチミンの日本人街・レタントンに佇む居酒屋「食酒空間 晴レ屋」。豊富な居酒屋メニューや定食メニューの他、宴会メニューも用意しているので大人数でも利用可能。おすすめは、晴れ屋名物骨付き鶏(12万ドン)。秘伝のスパイスと弾力のある歯ごたえが病みつきになります! 日本人シェフとソムリエの情熱とこだわりを味わえる炭火焼ステーキハウス「イル・コルダ」。 シェフ厳選の豪州産ブラックアンガスや豪州WAGYU、和牛A5等級まで幅広く揃え、炭火の香りと肉汁を逃がさない独自の焼成方法でしっとり柔らかに焼き上げます。 人気は厚切り牛タン炭火焼(38万ドン)とブラックアンガスリブアイステーキ(59万ドン)。 おまかせディナー(2名様〜)は万ドン〜。 ハノイの旧市街中心に佇む「MF Boutique Spa」。高級な佇まいながらもコスパ抜群のスパは観光の際にもおすすめです。高級感溢れる空間と経験豊富なセラピストによる巧みな技で、極上のリラクゼーションをお届けします。

コメント