遊び方

カジノギャラリーサイトマップ

ハイローラーソレアスカイタワーカジノ – 35976

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

フィリピンのカジノ産業は18年まで 年平均28% の成長を維持する見通し。 人口9700万のフィリピンは、カジノが盛んなマカオやシンガポール、マレーシアなどよりも人口が多い点が有利に働くほか、労働人口が年2%ずつ増加するとともに所得増で購買力が高まり、 娯楽産業の規模が飛躍的に拡大すると言われている。 昨年11月にスカイタワーをオープンしてから販管費と支払い利子が大幅に増加し赤字に転落している。 この結果を受けてソレアを経営する株価は暴落している。 フィリピンの実業家エンリケ・ラソン氏率いるブルームベリー・インベストメンツ・ホールディングス傘下のカジノ運営会社ブルームベリー・リゾーツは3日、1~9月期決算を発表した。 32億9,万ペソ(約84億8,万円)の黒字を計上した前年同期から、今期は14億9,万ペソの赤字に転じた。営業支出の拡大などが響いた。 エンリケ・ラソン会長兼最高経営責任者(CEO)は声明で、「昨年11月に開業した複合施設『スカイ・タワー』から利益を上げられるようになった。 国内事業と新規事業が順調に成長すれば、収益拡大が望めるだろう」との見解を示した。 スカイタワーの開業資金が大きく、かなり収益を悪化させたが営業CFは昨年に比べ落ち込みも見られないしこの 投資がなぜ必要だったのか? を考えるとそれほどフィリピンのカジノ事業に対して過剰にネガティブになることはないと考えている。 これから完全に規模で上回るマニラ・ベイリゾーツの開業が控えている以上、昨年のように投資を控えて40億ペソの利益(日本円にして純益億)で満足しているのでは先が見えているのだろう。 とあるのでBLOOMと同じように一度利益を出した後に大きく利益を落とす時期も来るだろうし同じような流れになるのではないかと思っている。 その中で一つ目先のファーストフェイズの投資回収時期の利益を想定し、寄与の大きさを調べてみたい。

コメント