遊び方

夢洲へのカジノ施設誘致運動が盛んです

ジャンボリー夢洲カジノ – 22465

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

Skip to content 鳴り物入りで喧伝されているIR構想は、日本でも具体化に向けての作業が進行しつつあります。カジノ解禁が伴うことで、特に話題性が高まっています。おそらくは、当初は2カ所か3カ所に限定して立ち上げ、その後は様子見をしながら他の地域での開設を検討していくことになるものと見られています。 その最初のIRの候補地として、大阪の夢洲の名があがっています。地元の大阪でも非常に力を入れて、誘致運動を繰り広げています。夢洲は、大阪市の中心部からは離れた湾岸エリアにあります。車で走れば、梅田から約30分ほどの位置です。地下鉄中央線のコスモスクエアが最寄りの駅となりますが、現実には歩いては渡ることができません。要は何もありませんので、大阪の住民が行くことはほぼ皆無と言っていいでしょう。 その存在すら知らない、あるいは忘れてしまっている住民も多いのが実際です。 そもそも、この夢洲というのは、大阪オリンピック構想の負の遺産とも言うべき存在のものです。年に大阪市が多大のエネルギーを投入してオリンピック誘致運動を展開し、開催に備えて人工島として巨額を投じて建設したものです。しかし、結果が実らず、オリンピック誘致は失敗に終わりました。オリンピック会場に特化した形で建設された夢洲は、いわば有効に機能することができず、事実? の放置をされてきたというのが実情です。 それだけに、IR構想は窮地を救う意味合いからも、万難を排して誘致すべく、積極的に誘致運動を進めているという側面があります。海外からの旅行者にとっても、空港にも比較的近く、また大阪近隣への観光にも便利な位置にありますので、非常に好ましい場所であることは間違いありません。 夢洲は隔離された島であるところから、周辺地域へのマイナスの影響は極めて少ないと見られています。IR施設の建設工事ともなると、巨大物件ばかりですので、騒音や交通量増加などのリスクがつきものですが、人間が居住も労働もしていない地域ですから、そのような心配もありません。また、カジノ施設ができることでの青少年への悪影響を懸念する声もありますが、学校も家屋もないエリアですので、その不安も最小に抑えられることでしょう。 それでいて、カジノ目当ての観光客が増えることでの経済効果に関しては大きなものが期待できます。税収も伸びるところから、国民や住民へのサービスも拡大する結果となり、福祉の部分でも進むことが予測されます。国や自治体だけでなしに、住民にとってもプラスの成果を持ってくることとなり、喜ばしい限りです。

大阪府・市が人工島の夢洲に誘致を目指しているカジノを含む統合型リゾート(IR)で、施設の設置運営を行う事業者の募集を開始した。

統合型リゾートとは国際会議場などのMICEや劇場やレストラン、ホテル、ショッピングモールなどが一体化した施設のことで、 法案ではその一部をカジノ施設に割り当てることが認められました。 この法案のメインはあくまで統合型リゾートに関することです。 誤解されがちですが、 カジノを主軸とした法案ではありません。 カジノが法案全体の中でメインでないことは確かですが、統合型リゾート全体におけるカジノの重要度は高いです。 なぜなら カジノは統合型リゾート施設の中でも特に莫大な利益が見込める巨大産業 であり、 外国人観光客に強くアピールできる刺激的なエンターテイメント だからです。

ONLINE CASINO RANKING

上記理由を証明するための、重要なキーワードとして存在するのが『Integrated Resort(IR)』。 こちらは「特定複合観光施設区」を意味し、概要としては、国際会議場・展示施設・ホテル・劇場・映画館・アミューズメントパーク、ショッピングモールなどを一区画に含む総合型リゾートエリアを作ることを指します。 本法案が実現し、総合型リゾートエリアが完成することで、観光及び地域経済の振興に寄与でき、財政の改善に好影響を及ぼせる見込みという訳です。 参考として特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律を一部抜粋するので、あわせてご参照ください。 第一章 総則 (目的) 第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。 (定義) 第二条 この法律において「特定複合観光施設」とは、カジノ施設(別に法律で定めるところにより第十一条のカジノ管理委員会の許可を受けた民間事業者により特定複合観光施設区域において設置され、及び運営されるものに限る。以下同じ。)及び会議場施設、レクリエーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光の振興に寄与すると認められる施設が一体となっている施設であって、民間事業者が設置及び運営をするものをいう。 2 この法律において「特定複合観光施設区域」とは、特定複合観光施設を設置することができる区域として、別に法律で定めるところにより地方公共団体の申請に基づき国の認定を受けた区域をいう。 (基本理念)。 カジノ法案が成立し、実現に向けて動き出している今、オープンはいつになるのかという点がポイントになります。 現時点での結論としては、未定という形です。 法案成立当初は東京オリンピックにあわせ年オープンとの声もありましたが、候補地の決定や法整備、施設の建設などの工程を考えると実現は難しいと言わざるを得ません。 それら工程を踏まえた、有識者たちの予測は、大阪万博が開催される 「年前後」 とされています。 認定区域数については、議論されているところではありますが、年現時点では「 IR設備箇所数は3箇所を上限 」とすることで合意されています。 3席を巡り、苛烈な招致レースが繰り広げられていますが、候補としては下記自治体が存在します。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

カジノ合法化関連のニュースではよく「IR」というキーワードを耳にしますが、IRとはIntegrated Resortの略称であり、カジノの他、会議場施設、レクリエーション施設、展示施設、宿泊施設などを含んだホテルやショッピングモールが集まった「カジノを含む統合リゾート」、正式には 「特定複合観光施設区」 を意味します。 日本全国で設置数は3箇所ということで、激しい誘致合戦が予想されます。現在、有力な候補地としては、東京、大阪、北海道、和歌山、千葉、長崎、宮崎、沖縄などです。 オンラインカジノならバラエティに富んだカジノを選び放題! オンラインカジノランキング 日本人のカジノ入場限度回数は週3回、月10回まで 第六十九条 カジノ事業者は、政令で定める場合を除き、次に掲げる者をカジノ施設に入場させ、又は滞在させてはならない。 以上、日本のカジノ法内容で特徴的なものをピックアップしてみましたが、これらの内容を見ると、日本人特有の「きれいごと主義」でしょうか? 規制が強すぎて、これでは魅力的なカジノ事業とはならないような気がします。 これらの必要期間を推定すると、 実際に日本にIR施設が完成してカジノができるのは年程度ではないでしょうか? 当初、噂されていた「年の東京オリンピックまでは」というのは到底不可能ではないかと思われ、年に誘致構想のある「大阪万博」と同時にというのが現実的なプランだと思われます。

ジャンボリー夢洲カジノ – 43471

オンラインカジノの基礎を徹底解説

PICK UP. PICK UP. 23 Carlsberg. T Epsilon Hotel epsilonhotel - 751000PDT. 10 24248 48.

コメント