遊び方

ホテル オークラ マカオのクチコミ&詳細

マカオの初心者向日本語対応可能 – 6459

1.旅行の始まりはここから♪セナド広場

中国の特別行政区である中華人民共和国澳門特別行政区(通称マカオ)。面積30平方キロ、人口64万人の小さな地域は、年よりカジノ産業がラスベガスの売り上げを6倍も引き離し、世界ナンバーワンの売り上げを誇ります。マカオ特区政府がカジノ経営権を対外開放したのは年。その後たった5年でラスベガスを抜きさりました。 ちなみにマカオでは、「カジノ入場と就業、賭博の条件規範化規則」に基づき、カジノ入場は21歳未満の入場を禁止としています。カジノ入場者のパスポート検査などを義務づけることはなく、気軽に出入りはできますが、年齢に達していない場合、罰金が課せられますのでご注意を。また、マカオの公用語は中国語とポルトガル語。通貨はパタカ(MOP)と香港ドル(HKD)なので、香港からマカオに行っても香港ドルの通貨を使えます(但しお釣りはパタカです)。 それではマカオを代表する巨大IR施設から、オープンして間もない最新ホテル情報をご紹介しましょう。 埋立地のコタイ地区に広がる豪華絢爛なカジノIR(統合型リゾート)エリア。圧倒されるその光景は、カジノ目的でなくとも、観光で行くのに十分に見ごたえある場所です。 このエリアが開発されてまもなく造られた「ヴェネチアン・マカオ」はラスベガスに本拠地を置くカジノ運営会社ラスベガスサンズグループ傘下のサンズチャイナが開発しました。マカオ国際空港より車で約5分、フェリーターミナルより無料シャトルバスで約10分の場所にある同ホテルはコタイ地区初の大型IRとしてオープン、年には開業10周年を迎えました。

さくっと回るには最適

ぐるっと世界遺産を周れるのと、マカオタワーで食事できるツアーだったので参加しました。 雨が降っていたかと思えば 今度は太陽の暑さで食欲も落ち気味でしたが、徒歩の合間の快適なバス移動と程よいタイミングでのおやつがうれしかったです。 ガイドさんの説明では、理解しやすいように日本の歴史や政治を絡めながら、発展する現在のマカオについても聞けました。また、ガイドさんは現地在住の日本の方でしたのでマカオの生活の話も詳しく聞けたのが興味深かったです。 このツアーは一日観光ですが、午後3時過ぎにはホテルに戻れるのでその後の予定を立てやすい。 主だった歴史的世界遺産を回れるし、牛乳プリン、エッグタルト(超美味しい!)もたべられる、昼食もマカオタワーにてバイキンブという内容充実で値段も手頃、大満足でした。 午前中はほとんど歩いて回るので歩きやすい靴がお勧めです。 ガイドの順子さん、説明や対応も良く有り難うございました。 マカオ又行きたいです。 殆どの名所をパパッと巡る感じでムダなく楽しめました。日本人ガイドさんは、イレギュラーなことにも臨機応変に対応しており、また知識も豊富で安心して参加することが出来ました。 個人ではなかなか見つけにくそうな牛乳プリンやエッグタルトのお店もとても美味しくて良かったです。

マカオ旅行初心者におすすめ♪1日で回れる世界遺産5選!

などなど、マカオカジノについて隅々までピックアップしましたので、 年、マカオでカジノデビューしたい! と考えている方は、ぜひご参考に。 また、マカオのカジノが有名になった理由としては、香港で賭博が禁止されたことが挙げられますが、それによりマカオのギャンブルが発展することになり、現在のマカオカジノは「 東洋のラスベガス 」ともいわれるほど世界的に有名なギャンブル街へと成長しました。 中国語と広東語の違いは? 中国語と広東語の違いは、中国語は中国全土の共通語、広東語は南部特有の言葉となってます。 このIRには、カジノ、スパ、ホテル、レストラン、映画館、ライブ会場、その他もろもろと数えきれないほどの施設がぎっしり含まれており、このような大規模なリゾートは「 コタイ地区 」に密集しています。

コメント