遊び方

マカオカジノホテルIRリゾート情報

ポーカー大会ソフィテルマカオホテルカジノ – 64147

マカオポーカートーナメント開催場所のシティオブドリームスカジノ

カジノフロアは、鳳凰殿 Phoenix・ほうおうでん 、麒麟殿 Golden Fish・きりんでん 、帝王殿 Imperial House・ていおうでん 、赤龍殿 Red Dragon・せきりゅうでん の4つのエリアに分かれており、遊べるゲームは、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、スロットなどの定番ゲームはもちろん、大小、ファンタン、カリビアンポーカー、3カードポーカー、3カードバカラなどのカジノゲームも楽しむことができます。 グランド・リスボアには、ミシュランで星を獲得したレストランが4つあり、そのうちの2つはミシュラン3つ星のレストランとなっています。一つは、香港の建築家アラン・チャンがデザインした「The Eight(ザ・エイト」となり、斬新なスタイルで作られたこのレストランでは、広東料理を楽しむことができます。もう一つは、ジョエル・ロブションの「Robuchon a Galera(ロブション・ア・ガレーラ)」となり、芸術性のある料理や種類以上の豊富にそろえられたワインを、グランド・リスボア最上階のドームからマカオの壮大な眺めを鑑賞しながら楽しむことができます。 ウィン・マカオでは、広東料理、日本料理、中華料理、イタリア料理、中国北方料理など沢山のグルメが楽しめます。中でもスワロフスキーで作られたクリスタルドラゴンが飾られている、「Wing Lei(ウィン・レイ)」という広東料理のレストランはとても有名となっています。他にも、誰でも気軽に楽しめるバーや馴染のあるスターバックスなども入店しています。 世界最大級のホテル・チェーンで有名なアコーホテルズの最上級ブランド、5つ星カジノリゾートホテル「Sofitel Macau at Ponte 16(ソフィテル・マカオ・アット・ポンテ・16)」。 HARD ROCK HOTEL:DOUBLE QUEEN ROOM(ダブル・クイーン・ルーム)。

遊びに行く前に知っておきたい!マカオカジノの特徴

マカオはとても小さな地域ですが、今やアジア旅行の大定番スポット。 異国情緒溢れる市街地観光やグルメ、カジノや遊園地等の様々なエンターテイメントが楽しめる とあって、 年間3,万人の観光客が世界中から訪れる という人気っぷりです。 しかし、マカオ旅行で絶対外せないものといったら、やっぱり "カジノ" ですよね。 初めてのマカオカジノであたふたしないように、まずは基本ルールをチェックしましょう! マカオカジノは入場無料、21歳以上であれば入場できます。 入場時にパスポートチェックがあるので、いつでも出せるようにしておきましょう。 ちなみに、 マカオカジノのメンバーズカードは結構お得 なので、ゲームで遊ぶ前に作っておくことをオススメします。貯めたポイントはレストランや宿泊費にあてることができる他、ショーの観覧が無料になる特典等がついてきます。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

同カジノがマカオで最初に作った紹介制の優待会員制度「Paiza Club」は、サンズ・マカオをVIP向専用カジノの代名詞にし、評判を高めVIP客の集客に成功しました。上階にあるVIPルームではハイローラーたちが厳粛なムードでゲームを楽しんでいます。 VIPクラブ会員名: Paiza Premium Rolling Program メンバーズカード: あり 初回入金額: HKD,(約万円) 最低プレイ時間: なし ゲームの種類: バカラ、ルーレット、ブラックジャック クレジットカード: VISA、Mastercard、JCB 紹介の必要: なし。 入金額 ( HKD )。 ミニマムベット MIN BET )。

コメント