視点

2020年 プロ野球開幕 今年の優勝チームを予想

を徹底解説優勝予想 – 12750

2020年プロ野球 年間スケジュール

ワールドカップといえば、昔から注目されてきたのは男子のワールドカップ(以下W杯)だった。しかし、近年では女子の日本代表「なでしこジャパン」の躍進により、女子も負けず劣らず多くの日本人サポーターから熱い視線が送られるようになった。 ただ、その歴史を振り返ってみると、やはり女子の方が開始は遅く、男子W杯の第1回大会の開催からは61年という歳月を要した。女子W杯の第1回大会は年だから、まだ歴史は浅く、年度大会まで計7回しか開催されていない。 はじめは大会規模も小さいものだったが、年々参加国は増加傾向にあり、年の本大会には24チームが出場するまでになった。男子W杯は32チームが本大会に出場するから、今後は女子もそれに追随する形で成長を遂げることが予想されている。 ここで過去7大会の優勝国を振り返ってみよう。  アメリカ  ノルウェー  アメリカ  ドイツ  ドイツ  日本  アメリカ このように、アメリカが3回、ドイツが2回といった結果になっている。アメリカは3度も優勝している強豪国だし、ドイツも2回優勝しているから、同じく強豪国であることは間違いない。 これを見てみると、欧米諸国が優勝を繰り返す中、年大会でアジア初となる日本が優勝したということは、世界的に見ても快挙であったことがわかる。 「欧米が強い」という固定観念を覆したのは、間違いなく澤穂希選手らを擁した日本だった。今後は出場国の増加が見込まれるし、「希望を与えられる」といった意味合いでも、日本が優勝できたのは非常に価値のあることだった。 ずばり、「スター選手が健在である国が優勝する」傾向にある。もちろん、チームとしての組織力は大切だし、それが力を生むこともある。ただ、個人で打開する場合も求められるサッカーにおいては、スター選手個人としての力量も必要とされる。 近年の例で言うと、、大会における、なでしこの例を挙げるとわかりやすいかもしれない。 年大会に前回王者として臨んだ日本は、決勝戦でという結果でアメリカに敗れてしまった。アメリカは、若手ベテラン共にスター選手が多く、チーム力も格別だった。そのことが得点を積み重ねられた要因であった。

そもそも女子のワールドカップって?

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ライフ 礒部公一のプロ野球徹底解説! リーグ優勝した西武の打線だけじゃない強み CS直前、今季のペナントレースを振り返る。 礒部 公一 : プロ野球解説者 著者フォロー。 リーグ戦でAクラスに入るチーム同士の戦いですし、なんと言ってもチームのエース級が初戦に登板してくるわけですから、どちらが勝つとはなかなか予想できない。 しかし、試合の流れをつかむために、打線としてはなんとか先制点をモノにすることが重要になると思います。「先制点」を取ればなんといってもチームに勢いが付きます。勢いは、その後のゲームを戦う中で、非常に大切なものです。 ……ということを、私は自分のTwitterでも、また各メディアの解説でも、繰り返し言ってきました。観戦のときはそのあたりにもぜひご注目ください。 楽天の不本意なシーズン、来季に向けた期待 そして私の古巣、楽天ゴールデンイーグルスです。 今シーズンの残りも1試合(10月13日のロッテ戦)となり、順位も最下位が確定。チームとしても、そしてファンの皆様としても不本意なシーズンでした。 昨年、夏場まで優勝争いを演じたこと、クライマックスシリーズ・ファイナルステージまで戦えたことが良い経験になり、今年は優勝できるのではないかと、私は期待し、開幕前の順位予想を1位にしていました。 が、なかなか簡単にはいかないもので、開幕当初に投打の歯車がかみ合わず、多くの黒星を喫してしまった。 CS出場の可能性が消滅したところからは、来季を見据え、山崎選手、堀内選手、岩見選手を一軍で起用するなど、来季に向けて若手に出場機会を与え、より多くの経験を積ませることを行ってきました。 その中でも、内田選手が自身初となる2ケタホームランを放ったり、田中選手が自身初の規定打席到達や新人王争いをするなど、ある程度の結果は出せていると感じます。 中堅・ベテラン選手も自分の立場を確保しようと必死にプレーしていたところはすばらしいです。 来季、新監督に梨田前監督の後を引き継ぎ、監督代行を務めていた平石氏の就任が決定しましたが、今年の悔しさと経験を糧に、なんとか巻き返しを図り、Aクラス入り、その先の優勝を目指してチーム一丸でやってほしいものです。

Top Podcasts In Sports

Casinohikaku PICK UP. PICK UP.

コメント