視点

日本の「カジノ法案(IR法案)」の最新情報とメリット・デメリットまとめ

メリットとデメ日本版カジノ – 37893

【徹底解説】カジノ解禁によるインバウンド集客のメリットとデメリット、トラブルを防ぐ対策とは?

そこで日本でも財政難の改善やインバウンド誘致を目的として、カジノ統合型リゾート IR の建設に取り組もうとしています。 実際にシンガポールでは、マリーナ・ベイ・サンズなどIR施設とともに治療施設「NAMS 国家依存症管理サービス機構 」を作り、ギャンブル依存症の患者を減らすことに成功しています。 具体的な対策事例について、詳しくは 「外国人観光客が増加する日本。インバウンドの急増によるデメリットと対策事例を徹底解説!」 をご一読ください。 イベント・セミナー ノウハウ。 ノウハウ 特集。 ノウハウ 事例。

日本版カジノはどんな施設になる?

投稿日: 年6月11日 更新日: 年6月11日。 カジノ法案は、IR法案とも呼ばれる、総合型リゾート整備推進法案 です。かみ砕いて言うと「カジノを含めたリゾートを作ります」という法律になり、ただ単にカジノだけを作っていく、という法律ではないのです。 カジノを含めた複合観光集客施設になり、海外からの観光客を集め、外貨を獲得したいという目的も含まれていると考えられます。 例えば、ショッピング、レストラン、スパ、等のリゾート施設の中にカジノも含まれる、ということなので、 カジノ法案と呼ばれてはいるものの、カジノの話だけではないというのが面白く、カジノに興味がない人でも楽しむことができる施設 になります。 海外から外国人観光客が訪れ、カジノやリゾート施設で外貨を使用してもらえれば経済効果は非常に大きいものになります。 「日本に行くならカジノに行かなきゃね!」と思ってもらえるようなレベルになれば、外国人観光客が日本に訪れる理由にもなります。

コメント