視点

初心者でも安心!マカオカジノの疑問点やルールを徹底解説♪

賭けポイントマカオカジノ – 53114

1.初心者でも大丈夫?マカオカジノの特徴と注意点

ログイン | マイナビ(予約確認) マイナビ。 やはり、マカオに来たら、カジノに立ち寄らずにはいきませんね。カジノ初心者の方のためにマカオのカジノの楽しみ方(ルール)をレクチャーします! こんにちは、マカオナビです。マカオといえば、やはりカジノ。マカオには年末現在、33のカジノがあり、その収入はラスベガスを抜いて世界一となったというニュースを聞いた方も多いでしょう。やはり、マカオに来たら、カジノに立ち寄らずにはいきませんね。でも言葉も通じないし、ゲームのやり方もわからないのでちょっと不安という、カジノ初心者の方のためにマカオのカジノの楽しみ方をレクチャーしましょう。 グランドリスボアのカスタマーサービス。ここでメンバーカードが作れます。 街中を走っているカジノのシャトルバス。 賭け方と配当 テーブルに書いてある数字は、席番号です。座った目の前にある番号のところに賭け続けましょう。 1.バンカーに賭ける。配当1倍(コミッション5%をディーラーに支払う) 2.プレイヤーに賭ける。配当1倍 3.バンカーのカードが置かれる場所。 4.プレイヤーのカードが置かれる場所。 5.引き分けと思ったらここに賭けます。配当8倍 6.バンカーの最初の2枚のカードがペア(同じ数字)になることを予想。配当11倍 7.プレイヤーの最初の2枚のカードがペア(同じ数字)になることを予想。配当11倍。 いかがでしたか?遠慮せずに実際にどんどん賭けてみるうちに、ルールも身についていきます。マカオのカジノに来る中国人のお客さんはゲームの勝敗に、本当にエキサイティングしていますが、それに臆せず、節度を保って楽しみながら、お金も増えるといいですね。以上、マカオナビがお伝えしました。 写真提供:。

【ポイント③】カジノで大金を賭けて勝負する方にオススメの仕組みとは?

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます! 世界中から来る裕福な観光客を目当てに悪事を働く中国人が多く、カジノに慣れていない日本人も狙われやすいんです。 貴重品が入ったバッグ、財布などを椅子の横に置いたり後ろに置く事はとても危険なため、必ず自分の前に置くか、荷物は預ける事を習慣づける必要があります。 土日は来場者が多く稼ぎ時ということで、最低掛け金が上がる傾向にあります。 例えば、ルーレットが平日はドルスタートなのが、土日はドルスタートになるなどです。 「損をしたくない!」と考える方は旅行日程をずらすなど、考慮が必要です。 基本は顔チェックのみですが、稀にパスポートの提示を求められる場合があります。 私も22歳でパスポートチェックを受け、ホテルに置いて行っていたため入場出来なかったことがあります・・・ 保護者が同伴していたとしても、子供の入場は認められませんのでご注意を! また、カジノといえば「タバコをスパスパ吸いながらコインを積む」というイメージがありますが、年の法改正によってカジノ内は禁煙となりました。 喫煙したい人は、カジノ内に設置されている喫煙所で吸ってください。 カジノに来る人には、諸事情により知り合いにバレてほしくない人がいることなどを配慮して、内部の撮影はできません。 ただし下の写真のように、外観を撮影する分には問題ありませんので、SNSにあげたい場合は外部を撮影しましょう。

コメント