視点

マジカルハロウィン7 スロット 新台 天井 解析 設定差 評価 マジハロ7

ボーナス種類ハロウィーンスロット – 47708

マジカルハロウィン7:メニュー

目次 読みたいところまで飛べます。 通常時はCZやレア役からのボーナス当選を目指す。ボーナス中はカボチャンスストックやカボチャレンジゲーム数上乗せなどの抽選が行われるぞ。ボーナス終了後はカボチャレンジへ突入し、成立役に応じてEX(エクステンド)カボチャレンジを抽選。カボチャレンジには天井ゲーム数もあり、最大30G消化でEXカボチャレンジに当選する。EXカボチャレンジはカボチャンスの初期ゲーム数決定演出となっている。 「カボチャンス」はSTタイプのATで、ボーナスや特化ゾーン、ナビ盛などに当選するとATゲーム数をリセット。カボチャンスとボーナスのループで出玉を増やすのが基本的なゲーム性となっている。なお、カボチャンスのゲーム数上乗せ抽選は、みことくえすとや特化ゾーンなどで行われるぞ。 有利区間移行後G消化で BIG BONUS当選。 割り込みパターン発生率 設定 1人目後 2人目後 3人目後 1 - - - 2 0。 通常時に成立役でボーナス当選となった場合、同時にATストック抽選が行われる。この抽選に当選すると、さらにループ率の抽選が行われ、ループ率に応じてさらにATストック抽選が行われるぞ。 なお、ATストック当選率とループ率振り分け抽選には設定差が存在し、高設定ほどストックしやすい。ただし、ループ率振り分け抽選は低設定ほど高ループ当選が期待できる。 成立役でボーナス当選時・ATストック当選率 設定 当選率 1 4。

Trick or Tweet

マジカルハロウィン は、 年 7月に KPE から発売された パチスロ 機( 5号機 ) [1] 。及びこれを原作とする同シリーズ作品群の総称。略称は「 マジハロ 」。 パチスロメーカーとしては後発といえる KPE だが、上記の特徴から着実に設置台数を増やし、約店舗(年1月時点、 P-WORLD 調べ)に設置され、名実共にKPEの代表作となった。以降、シリーズ化が行われている。 基本的にはART・RTで出玉を微増させつつ、ボーナスで出玉を増やしていくタイプである。小役との同時抽選対象役はスイカ、共通9枚役、リプレイの3つ。スイカが最もボーナスに当選しやすく、当選した場合はBIG BONUSが確定、更に後述のカボチャンス(ART)にも当選しやすい。また、ボーナス単独当選もある。 カボチャンスに当選しなかった場合はBONUS終了後 RT の カボチャレンジ に必ず突入し、ナビ無しによる自力昇格のチャンスとなる。1Gあたりの純増枚数は0。 詳細は マジカルハロウィン2 を参照。 詳細は マジカルハロウィン3 を参照。

マジカルハロウィン7

: 1120 24 :. 24 ID ID Quick Bank Transfer Quick Bank Transfer 12, ATM 1 1 310 24 12148Nirvana.

コメント