視点

日本のカジノ有力候補地はココ!各都道府県のIR誘致状況まとめ【2020年6月最新版】

シティ大阪カジノ – 35099

現在のカジノ候補地 一覧

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「 どこにカジノができるのか 」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新情報をお届けします。 カジノ誘致を表明している中で、主なカジノ候補地は、神奈川(横浜)、東京、愛知(名古屋、常滑)大阪、和歌山、長崎となっています。 現時点では 大阪、横浜 が特に有力な候補地と見られています。 そして気になる「いつ候補地が決まるのか」については、現在国が発表している基本方針案によると 候補地が正式決定するのは 年 頃になる予定とされています。 今後IR誘致に挑む自治体は 年1月4日から7月30日 の間に国に申請を行う必要があります。 そして国は申請を行った自治体の中から最大3箇所を選び、 年後半~年頃に正式にIR候補地として認定する 、というスケジュールとなっています。

現在のカジノ候補地はどこ?いつ決定する?

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ビジネス ゲーム・エンタメ。 ラスベガスのカジノ王が「大阪」にこだわるわけ IR世界大手がぶち上げた最大1兆円投資計画。

‘大阪市’に関する記事

失敗でもやめぬ政権  日本のカジノへの参入を画策してきた世界最大のカジノ運営企業、ラスベガス・サンズが5月中旬、日本からの撤退を表明しました。ところが菅義偉官房長官はただちに「(IRは)観光立国を目指すわが国にとっては不可欠だ」とカジノ継続を強調しました。 アメリカと中国がコロナ禍でダメージを受けたなか,元にもどるには,「リーマンショック」との比較でみても,数年かかる。 20年前のビジネス・モデルであるIRはもはや時代遅れ。オンライン・カジノやスポーツ・ベッティング 野球賭博やサッカー賭博 に業界が舵をきり始めたなか,IRカジノに未来はありません。 大阪市長  松井 一郎 様                   年5月7日。 長期化する新型コロナ肺炎対策と、大阪市民のくらしを支えるため IR・カジノ、万博、「都構想」計画の見直しを求める要望書。

コメント