視点

TGS会場巡りついでに超巨大ガチャで賞品ゲット!?GOOGLE PLAYのポイントラリーに挑戦してみた【TGS2018】

ゲームブース大当たりが出たゲーム – 43695

最近のゲームって色々あってよく分からない

過去のビデオゲームは、システム基盤上のROMを交換することでゲームを変えることができました。ROMの価格は高くても数十万円程と、人気が出ればすぐに回収できるレベルでしたから、オペレーターはユーザーの反応を見てゲームを入れ替えることが可能です。しかし、筐体の大型化によって販売価格が上がり、簡単にゲームを変更することは難しくなりました。 また、オンラインで全国のユーザーと対戦できるシステムの構築と維持にはコストがかかるので、メーカーとしても同じゲームを長く置いてもらうことが重要になっています。さらに、トレーディングカードの要素があるゲームの場合、ユーザーは集めたカード資産を長く活かせることを望みますから、同じゲームがずっと遊べることも大切です。これら、アーケードゲームを取り巻く環境が、ロングセラーを生み出す原動力となってきました。 今回のJAEPOには、各社の人気タイトル=ロングセラーゲームの最新作(最新バージョン)がいくつも出展されています。特に、年1月25日のセガ・インタラクティブブースで行われた開発者によるトークイベントで、ロングセラーの大切さを再確認させられました。登壇した「StarHorse4」プロデューサーの佐藤直行氏と、「maimai でらっくす」の総合ディレクター・小早川賢氏の言葉を紹介しましょう。 VRなど、新しい技術をいち早く採用する動きも見られましたが、ゲームの原点に回帰するような作品が増えたことも、今回のJAEPOの特徴といえるでしょう。タイトーのブースをはじめ、各所に置かれて来場者に注目されていた「arcade PONG-DX」は、あらゆるゲームの原点(のひとつ)とされるATARI社の「PONG」を現代風に再現したもの。 また、体感型の音楽ゲームのブームを生み出したKONAMIの「DanceDanceRevolution」は、20周年を記念したアニバーサリーモデルを出展。歴史あるシリーズの新たな一面をユーザーに問う形となりました。過去作を知っている層に認められ、まったく知らない世代にもアピールすることは、店頭での(見た目やPVなどによる)一見に懸けるアーケードゲームを作る上で、クリエイターが強く意識すべきものでしょう。 オペレーターや関係者の招待日にもかかわらず、大勢のプレイヤーでにぎわっていた「DanceDanceRevolution 20th anniversary model」の筐体。 ほかにも、バンダイナムコテクニカが、Xboxで人気のFPS「HALO」のアーケード版である「HALO FIRETEAM RAVEN 4 PLAYER」を、セガ・インタラクティブは2期目のアニメも話題の「けものフレンズ」を題材とする「けものフレンズ3 プラネットツアーズ」を、バンダイナムコアミューズメントは超人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」のアーケード版RPG「ソードアート・オンライン アーケード ディープ・エクスプローラー」というように、アーケード以外で人気の作品を投入することによって、新たなユーザーを掘り起こす動きも見られました。 あまりの人気に開場から30分を待たずしてプレイ整理券の配布が終了した 「けものフレンズ3 プラネットツアーズ」。

アーケードゲームとコンシューマーゲーム

公開日: 年6月7日 Zxion。 前情報で、どこぞの大統領がくるので道路状況が読めないとか、新会場のヤバイ噂とかでやや不穏な雰囲気。 「遅刻するくらいならとりあえず前乗りしとこうぜ!」ということで24日の夜のうちに東京方面へと向かいます。 そんなこんなで全員の仕事終わりを待ち、地元を出発したのが21時くらい。 現地に到着したのは日付が変わる少し前。 とりあえず「第2回 ドキワク!男だらけのお風呂タイム ~ポロリしかないよ~」を開催し、即座に就寝。 館内図、 ゴロ寝スペースがあり、床があたたかい。

新作ビデオゲームの出展は極少数も、メダルとプライズゲームに人気が集中

QA WiiU,Steam. DLC 3DS ACT ACT ACT Wii ACT DS. HD ACT Wii QA ACT ACT ACT DLC 2 A HERO DARK LAST EXTRA SA2. MENU ART….    .

コメント