視点

日本カジノの候補地9つ!いつどこの場所にできる?有力な建設地は?

ゲームの流れマリーナシティカジノ – 50019

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ア 国際競争力の高い魅力ある滞在型観光の実現への寄与 イ 経済的社会的効果 ウ IR 事業を安定的・継続的に運営できる能力及び体制 (エ)IR 区域の整備について、 地域における十分な合意形成がなされており、IR事業が長期的かつ安定的に継続していくために不可欠な地域における良好な関係が構築されていることが求められる。 エ カジノ事業の収益の活用 オ カジノ施設の設置及び運営に伴う有害な影響の排除。 和歌山県IR誘致のポイント:大阪IRとの共存とシナジー創出 ・政府IR推進本部事務局は、年12月18日から年1月18日、全国9ブロックで「特定複合観光施設区域整備法に係わる説明会」を実施。そこで、以下の答弁があった 「(会場質問)IR整備区域(都道府県等)の選定基準に、地理的な偏りは考慮されるのか?」 「 (政府答弁)地理的な偏りが生じないよう配慮する基準はない。国は、最大3つのIRを活用し、日本を国際観光先進国に引き上げることを政策目標とする。その公共政策の目的に最も合致するIR整備区域を選ぶ 」 ・関西では、大阪府市と和歌山県がIR誘致作業を推進中。政府方針は、双方が選定されるシナリオを描く和歌山県にとって追い風となろう ・和歌山県の考え方 「関西圏の後背人口や関西国際空港からのインバウンドを考えた場合、大阪と和歌山にそれぞれIRができれば相乗効果を生み、2つのIRが2つ以上の経済効果を生む」。 IR事業化のポイント:地域事業者の役割が重要に~IR整備法, 中核施設3号, 4号がキーに ・海外IR事業者、県外事業者は、県内企業のパートナーを強く求める ・都道府県等によるIR事業者の選定、政府による区域選定は、IR区域整備計画の内容を競うコンペティション ・IR区域整備計画で差別化ポイントとなる号の策定では、地元企業の協力が欠かせない ・IR整備法は、IR内に5つの中核施設(号)の設置を義務付けた  1号「国際会議場」, 2号「展示場」, 3号「我が国の観光の魅力増進施設」, 4号「送客機能」, 5号「宿泊」 ・なお、海外コンテンツは、6号、非中核と位置付けられた ・IR区域整備計画の策定(都道府県等の事業者選定、政府の区域整備計画の選定・認定)において、3号と4号のアイデア、具体名を含むリアルが差別化のポイントに。 和歌山県IRに関する投資意向調査(RFI, equest For Information)の実施について(年5月29日)。 和歌山県IR誘致パンフレット(日本語) 和歌山県IR誘致パンフレット(英語)。 IR誘致の意向調査 2回目:年月 ・郵送による市政世論調査 ・IR誘致について尋ね、速報値で賛成派が52・7%、反対派は23・1%(回答者1026人)。

【最終回!!カジノで全ツッパ!!】橘リノのRoad to PARADISE#10[PARADISE CITY][パラダイスシティ][カジノ][パチスロ][スロット]


コメント