視点

マリーナベイサンズホテル最強情報

モバイル入金方法スカイタワーカジノ – 66182

オークランドの交通事情

今回、宿泊するのはコタイセントラルにある一番リーズナブルな 「シェラトングランドマカオホテル コタイセントラル」 です。リーズナブルといっても1月1日、2日の宿泊なので通常時よりも少し高騰しています。(香港とは比べ物にならないほどお得価格でした!)香港のシェラトンがあまりにも高かったので、香港夜着でしたが、そのままマカオにバスで向い22時過ぎにチェックインしました。 Marriott International 無料 posted with アプリーチ。 予約を入れた部屋は「デラックスコタイビューツイン(禁煙): ダブルベッド2台」、アサインされた部屋は 「30Fデラックスコタイビューツイン(禁煙): ダブルベッド2台」アースタワー でした。チェックインの際に眺めの良い部屋よ、と言われて期待してしまいます。 朝食会場はホテルの1Fにある「feast」でいただきました。朝食付きプランでは、ランチに振り替えることも出来るというお寝坊さんに優しいシステム。この会場以外にも「YUM CHA」ヤムチャセットランチ ~ にも使用可能です。 キャセイパシフィック航空の午後便で香港経由、バスでマカオまで行きました。空港から約2時間50分でした。空港で事前に購入していた オクトパスカードを空港で受け取り 、チャージをしたり所用を済ませたので少し時間が掛かってます。オクトパスカードを持っている方、必要ない方は約2時間30分位でしょうか。

Group site links

そこで今回はそんな オークランドで利用されている交通機関、利用料金、おすすめの移動方法 などを解説したいと思います。これからオークランドを訪れる予定のある方はぜひ参考にしてみてください。 Photo by : Auckland Transport。 最も利用頻度が高いのは、オークランドトランスポート(Auckland Transport)が運営しているリンクバス(Link bus)でしょう。シティ・インナー・アウターの3路線があり、それぞれ車体の色が異なります。 料金は前払い制となっており、現金払いの場合は乗車時に行き先を告げて運賃を支払います。その際にもうう領収書が、切符となります。AT HOP cardの場合は、乗車時と降車時の2回カードリーダーをタッチしてください。

憧れ?!スカイタワーのカジノ

マリーナベイサンズホテルには、シンガポールに2つしかないカジノがあります! ここでは、カジノのゲームの種類や場所・行き方などの基本情報をお伝えしていきます! 海外旅行に行く際の1つの楽しみでもあるカジノ!マリーナベイサンズホテルの運営元はラスベガス・サンズと言う カジノの本場ラスベガスの会社 です。マリーナベイサンズホテルのカジノも、このラスベガス・サンズが手がけており、豪華なフロアで本格的なゲームが24時間楽しめます。 マリーナベイサンズホテルのカジノは、4つの階でフロアが別れていますが、3階と4階は賭け金額が高いハイローラー専用のフロアですので、普通に利用するのであれば、 1階と2階がメイン になります。また、1階が喫煙エリア、2階が禁煙エリアとなっているため、特に女性の方でタバコの煙が苦手な方は2階を利用すると便利です。 カジノで遊べるゲームは、基本であるルーレットやバカラ、ポーカーなどのテーブルゲームが台以上、 高額当選の可能性があるジャックポット を備えたスロットなどが台以上と、幅広くゲームを楽しむ事ができます。特にジャックポットでは数百万円などの高額が当たる可能性もあるため、夢が広がります! シンガポールのカジノでは、 21歳以上の方のみ 入場できます。日本だと20歳が成年・未成年とが分かれるボーダーラインですが、シンガポールでは21歳が境目なので家族で行かれる場合、学生で行かれる場合などは年齢に注意しましょう。入口でパスポートを見せなければならないため、ごまかしは効きません! カジノ内では、デジカメや携帯電話などでの撮影は禁止されています。また、携帯電話を使用することも、不正を疑われる原因となるため禁止されています。飲食物の持ち込みも禁止!カジノ内には、 無料のソフトドリンク が飲めますし、ペットボトルの水も貰えます。レストランもカジノ内に併設してあるため、お腹が空いたらレストランへ。

コメント