視点

お台場にカジノを作れば、日本は二等国になる

新世代ギャンブルカンボジアカジノ – 47019

IR*ゲーミング学会

年2~3回発行し、全会員に配布しています。 各号数をクリックしていただきますと、データが閲覧できます。 IR*ゲーミング学会では、学会誌「IR*ゲーミング学研究」を発行しています。主に学会で発表された研究を基に、その発表者によって書かれた論文の掲載や、当学会に所属する研究者らによって書かれた論文を掲載しています。 年1回発行し、全会員に配布しています。

産経デジタルサービス

ランキング 週刊東洋経済プラス 四季報オンライン ストア セミナー。 トップ 新型コロナ ビジネス 政治・経済 マーケット キャリア・教育 ライフ 鉄道最前線 自動車。 ビジネス レジャー・観光・ホテル。 お台場にカジノを作れば、日本は二等国になる HIS澤田会長、首都へのカジノ建設に異論。 山田 俊浩 : 『週刊東洋経済』編集長 著者フォロー。 トピックボード AD。

マッチョな兄貴たちが闊歩するパラレルチャイナ

タイでカジノ候補地の一つとされる人気リゾート地パタヤの海岸に並ぶホテル。同国はカジノ合法化をめぐる議論が繰り返されている(ブルームバーグ) 【拡大】。 現在位置: トップ 政策・市況 海外情勢 ニュース詳細 政策・市況 総合トップ 国内 海外情勢 市況 フォト。 タイ、カジノ合法化で税収3180億円増 。 タイはカジノをめぐる議論が続いている。カジノの合法化に伴い、年間1000億バーツ(約3180億円)以上の税収増が見込めるとの調査報告を首都バンコクにあるランシット大学社会イノベーション・カレッジが明らかにした。現地紙バンコク・ポストなどが報じた。  東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国のうち、カジノが合法化されていないのは現在、タイとブルネイだけだ。そのため多くのタイ人がカンボジアなど周辺国のカジノに通っているとされる。  合法化によりギャンブル依存などの弊害も懸念されるものの、同カレッジのサンシット校長は、カジノ入場の年齢制限などを設けているシンガポールを良い手本としてタイも見習うべきだとの見方だ。また、カジノ合法化によって同国を訪れる外国人旅行者は40~50%増加するとみられている。  同国ではカジノの合法化をめぐる論議が繰り返されており、昨年も国家警察庁長官が合法化を支持する姿勢をみせたものの、プラユット首相は世論の賛成を得られないとし否定的な立場を表明した。  同校長は、2500人を対象にしたカジノの合法化に関する調査を2月に発表。昨年夏に実施した調査と比較して、合法化に賛成する人が増えているとの結果を明らかにした。 関連ニュース 各国政府、ドローン規制調整に苦戦 安全確保か市場成長か 越ネット通販、拡大加速 20年までに売上高100億ドル超え プラごみ海洋投棄3割削減へ インドネシア、レジ袋有料化 比、電気自動車普及に本腰 開発銀、企業に237億円初融資 越、高級車販売7000台突破 15年 経済成長で富裕層増加 シンガポール 非石油輸出不振、1月9.9%減 中国減速響く 外国人旅行者数、目標届かず インドネシア15年 3.1%増973万人 なぜ中国の「爆食」がニューヨークの格差を拡大させるのか バングラデシュ、総人口の92.5%がネット未利用 政府は調査に反発 タイ 高速道路や空港、鉄道整備を加速。

コメント