視点

従属事象のゲームの利用|オンラインカジノ真面目に攻略法の話

確率事象カジノ比較 – 38661

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

ライブカジノには多くのチャンスがあります。ただし大当たりを狙っていると、当たりが出るまでは資金を失う一方で精神衛生上よくありません。 そこで少しずつコツコツと利益を積み上げることができる、ライブカジノの必勝法を説明します。 その結果、大きな配当金を得ようと賭け金が大きくなり、次第にベットも大雑把になっていきます。まずはこのような心理状態から抜け出すことが大切です。手軽に遊べるライブカジノですが、 自分のお金をリスクに晒していることを忘れないようにしましょう。 ライブカジノでコツコツと少しずつ利益を積み上げるためには、 「配当倍率が小さい賭け方」 をするのがポイントです。 配当倍率とは 当たりが出た時や勝った時に得られる配当金が、賭け金に対して何倍になるかということ たとえば配当倍率が2倍とあれば、1ドルの賭け金に対して2倍の2ドルが得られるので、1ドルの利益を得ることになります。それだけの利益では、負けた時の損失を簡単には取り戻せないのではないかと思うかもしれません。 しかしこの10分の1という確率は、相当数の賭けを行った平均の数字なので、場合によっては30回に1回とか40回に1回という割合で当たりが出ることもあります。そうなると、たとえ当たりが出たとしても、それまでに積み上がった損失を回収するにはまだまだ足りません。 つまり配当倍率が高くても低くても、損失を簡単に取り戻すことが難しいという点では同じということになります。 実は勝ちと負けを交互に繰り返すと、さらに利益が積み上がるようになっています。 このようにダランベール法は、コツコツと利益を積み上げるには最適の方法と言えるでしょう。 ライブカジノで確率半々といえば、ルーレットの赤黒 赤か黒のどちらかに賭ける やハイロー 1~18か19~36のどちらかに賭ける 、あるいは奇数偶数があります。正確にはルーレットには赤と黒のほかに緑が、1から36の数字のほかに0 あるいは00も があるので、完全な半々の確率ではありません。

ONLINE CASINO RANKING

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。 それと同時に、このクラップスがカジノゲームの中で 最も勝率の高い (期待値が高い)ゲームである(特殊な条件下でのビデオポーカーなどを除いて)ということも覚えておいていただきたい。特に後述する「オッズ賭け」は、カジノ側の控除率がゼロなので、勝てる可能性が十分にある。 クラップスというゲームは、基本的には サイコロの出る目を当てるだけ の極めて単純なゲームだ。  つまり、ブラックジャックのような「ディーラーの手に対して各プレーヤーが個別に勝負する」という「対戦型」ではなく(したがってクラップスには「自分の手」というものは存在しない)、勝負はただ単にサイコロの目を当てたプレーヤーに対してカジノ側が払戻金を支払うというだけの単純な勝負形式となっている。 ブラックジャックにおいては、基本ルールや戦略を知っているのとそうでない場合とでは明らかに勝敗の結果に差が生じてくるが、ルーレットの場合はだれがどのような賭け方で勝負しようがすべて同じ期待値になるように配当倍率が設定されているので(例外的な賭けも、ごくわずかに存在しているが)、知識の差や熟練度の差によって勝率に差は生じない。  ようするにルーレットでは確率論的な戦略や必勝法などはまったく存在せず、勝敗結果はすべてそのときの運だけで決まってしまう。 クラップスは、そのようなブラックジャックとルーレットのちょうど中間的な存在、つまり運さえよければ戦略をほとんど知らなくても勝てる可能性は十分にあり、またルーレットほどすべての賭け方が同じ期待値に設定されているわけではないので、実情を知らずに賭けると損をしてしまう悪い賭け方や、逆に使わないと損をする戦法があったりする。  ただ、その知識の差による結果の差はブラックジャックほどではない。

コメント