視点

モンテカルロカジノの登録・ボーナス・評判を全て紹介

出金サウスパークスロット – 43665

MSN にご意見ご感想を送信します

IDでもっと便利に 新規取得。 すべての機能を利用するにはJavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法はこちら 。 現在 円。 即決 円。

興味のあるストーリーが見つかりましたか?

米大人向け アニメ 「 サウスパーク 」の最新 エピソード が中国当局による強制臓器摘出、強制収容所での殺人、 言論統制 、 習近平 国家主席を思い浮べるクマのプーさん、香港の抗議活動などの内容に触れたため、中国当局は7日、同 アニメ に関する ネット 情報を徹底的に封じ込め、 放送禁止 にした。 中国共産党 政権設立70周年に当たる 10月1日 、「 サウスパーク 」23 シーズン 第2話が放送された。同 エピソード は、「中国の バンド ( Band in China )」との タイトル を付けられた。ひと儲けをしようする 主人公 スタン( Stan )と父の ランディ ( Ran dy)が中国に入り、さまざまな体験した出来事を通じて、中国当局にとって都合の悪い内容を次々と取り上げた。 エピソード のなかで、 ランディ は中国に到着した後、大麻所持で中国当局により強制労働教養所に送られた。そこで ランディ は、中国の警官が囚人らを虐待し銃殺したのを目撃した。そして ディズニー の キャラクター 、「 くまのプーさん 」にも出会った。「 くまのプーさん 」に中国当局に拘束された理由を訪ねると、プーさんは「ただ 習近平 国家主席に似ているという理由で牢獄に入れられた」と答えた。 取り調べで拷問に遭う ランディ は、中国の警官に「あなたたちは国民の命を軽く見て、個人の自由を無視している。誠実でもなければ、正義もない。こんな中国をどうして国家と呼べるのか」と激怒した。

コメント