視点

ギャラクシー・マカオ

今日のドレスコホテルオークラマカオカジノ – 13034

ギャラクシーマカオカジノとは

マカオ エンターテインメント・遊ぶ マカオ カジノ マカオ エンターテインメント・遊ぶ マカオ カジノ。 唯一の難点は、交通の便です。旧市街に出るバスはいくつか行き先がありますが、どれもものすごい長蛇の列&- なかなかバスが来ない模様です。またタクシーも長蛇の列でなかなかきません。(マカオはタクシーを拾うのが- 大変・・・)暑いなかあんなに待つのは至難の技。フェリーターミナルへのバスは頻繁にあるので、そこから別- のカジノや路線バスに乗り換えて市内に出ないとどうしようもないのが不便です。モノレール?ぽい駅を建設し- ているようでしたので、そのうち解消されるのかもしれませんが・・・食事をするならオールドタイパのほうが- 徒歩ですぐに行けて便利です。旧市街だと目的地まで明らかに1時間はみておかないと・・・人が多すぎるのか- 施設が大きすぎるからか・・・謎でした。フェリーターミナルからGALAXY行きのフリー送迎バスが出ていてわかりやすいです。まずは敷地の広さに圧倒されました。まずショッピングモール側から建物に入り右へ、飲食店、フードコートや映画館、カジノ擁する通路を分歩いてチェックインカウンターへ。驚きの規模・・・巨大ホテルですがスタッフも多いので、それほど待たされることはありません、みんな親切ですぐに対応してくれます。英語も聞き取りやすいです。部屋も広く、綺麗で大満足。トイレもガラス張りなのには笑いましたが。そして、リゾートエリアのプールも、デッキチェアやビーチタオルも無料ですし、夜もまで使用でき、ジャグジーもゴージャスです。大人にはライトアップで雰囲気のいい夜のプールがおすすめかと思います。1泊ではまだこの巨大施設をつかみきれないので、また行きたいと思います。

カジノに行く前に注意事項を確認

こんにちは。いつかはカジノで世界一周をやってみたい、カジノ大好きCajimo編集部;笠原 豪です。 今回はマカオに注目し、マカオのカジノ情報として先日泊まってきたギャラクシー・マカオの紹介をしたいと思います。 ギャラクシー・マカオはカジノだけでなくショッピングモールやレストラン街など様々な娯楽を楽しむことができる統合型リゾートなので「家族や友達とマカオを楽しみたい!」という人必見です! それでは本題のギャラクシー・マカオのカジノについて紹介しましょう。 ギャラクシー・マカオには3つのルームがあります。一般客用のゲーミングフロアに加え、「ハイリミットルーム」「ポーカールーム」が特設されていて、施設の最上階フロアには広大な広さの「テナント型カジノVIPルーム」が用意されています。 VIPルームの奥にはマッサージルーム、バスルームなどが完備されていて室内からはマカオの絶景が見渡せるようになっています。 実際に行ってみたけど入れなかった!なんてことがないようにカジノの詳細を事前に確認しておきましょう。

ギャラクシー・マカオの全貌と日本人にお勧め日系ホテル「ホテル・オークラ・マカオ」

何故カジノと言えばマカオなのか?その歴史は香港・マカオがそれぞれ植民地だった時代にまで遡ります。当時イギリスの植民地であった 香港では賭博が禁止 されていましたが、お隣マカオはポルトガルの植民地であったため、賭博が許可されていました。 コタイエリアはマカオの2つの離島・タイパ島とコロアネ島の間に出来た埋め立て地。以前はマカオ内の人口密度の高さを解消するために埋め立てられた住宅地でしたが、多くのカジノやリゾートホテルが建設された影響で、 現在は人気の観光地 になりました。

コメント