視点

意見:メルコのクラウン株9.99%売却 – 「戦争に勝つために戦闘に負ける」ということか?

で勝メルコクラウンカジノ – 47440

マカオのカジノ経営権は3社+サブライセンス3社=合計6社

NSW独立酒類・ゲーミング局はメルコが州のカジノライセンス保有に適正であるかを調査している。今この調査が確実に打ち切られようとしていることで、我々は不利な判決(または単に調査が進む中で現れてくる情報ですら が、ホー氏の会社のはるかに壮大な世界進出という野望、特に日本と関わる中でのその野望に悪影響を及ぼし、信用の失墜に繋がるかもしれないという懸念がホー氏にこの決断をさせるに至ったのかどうかについてはもう知ることはできない。メルコが過去に誠実性調査に合格した一方で、豪メディア、法曹界および政界には、過激なギャンブル反対派の勢力が相当いることが知られており、さらにそこにかなりの数の外国人嫌悪勢力が投げ込まれたことで、メルコにとって公正な公聴会を開くことは難しくなっていると言える。 その財政責任に加えて、メルコは マカオ時間 水曜夜に、回転信用供与枠で約2,億円の借り入れができる銀行団とのシニア・ファシリティ契約への署名を発表した。そのうちの約億円が既存債務の借り換えに使用される一方で、同契約は最大約億円の増加型融資枠の選択肢を与えており、メルコはさらにおよそ1,億円の流動性資金を手にできる可能性がある。その資金は既存事業の強化、そしてさらに必要であれば「日本での軍資金」に使うこともできる。 ブラックストーンの取引をおそらくあまり喜んでいないのが、クラウン・リゾーツだろう。同社のほぼ20%を取得する昨年のホー氏のパッカー氏との当初の契約を沈黙して見ていたクラウン・リゾーツではあるが、その新株主の存在は、同社のVIPビジネスを大きく増強させてくれることは確実だった。メルコの旗艦施設であるマカオのシティー オブ ドリームス単体での年のVIP売上高は同年のクラウンのグループ全体の売上高の2倍以上だった。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

独占経営打開のため、外資カジノ企業を含めた3社に経営権を発給

マカオのカジノ経営権は 「SJM」 マカオ系 :「MGM」 ラスベガス系 「ギャラクシー」 香港系 :「ヴェネチアン」「サンズ」 ラスベガス系 「ウィン」 ラスベガス系 :「メルコクラウン」 オーストラリア系 の6社が持っています。 なぜ6社か、これにはワケがあります。 カジノ王「スタンレー・ホー」の独占状態だったカジノ経営権が2001年末で満期になるのを境に、2002年はじめ、入札によって外資系の企業にも経営権を発給することになりました。 入札の結果、経営権の発給を受けたのはマカオ資本の「SJM」、香港資本の「ギャラクシー」、ラスベガス資本の「ウィン・リゾート・マカオ」です。「SJM」はスタンレー・ホーの企業です。 経営権が3社と言うのは、1986年に可決された法律にもとづいています。 左がグランド・リスボア、右がリスボア。マカオの象徴的な建物です。 グランド・リスボアはマカオのシンボルである蓮の花をイメージしたものですが、実は建築許可が下りていないまま完成してしまったという話もあります。

コメント